Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SAPはSaaS活用と営業体制の強化で中堅、中小企業を本気でターゲットにする

2017/04/12 06:00

 SaaSのメリットは大企業が利用しているのと同じエンタープライズ向けのアプリケーションを、小さな企業でも同じように利用できることだと、10年ほど前から言っていたのはSalesforce.comのCEO マーク・ベニオフ氏だ。実際、1ユーザーからでも利用できるSaaSは多い。さらにシステム運用のためのITリソースを確保する必要がないのも、SaaSがIT部門の組織体制が弱い中堅、中小企業向きなポイントだろう。

デジタル変革の恩恵は大手も中小も同じ

 SAPジャパン バイスプレジデント ゼネラルビジネス統括本部 統括本部長 牛田 勉氏は、「SAPのサービスはまだまだ大手企業向けのイメージが強いが、ここ最近は中堅、中小企業向け施策にも力を入れており、今回は社内組織の改定も行い積極的に取り組んでいる」と語る。この背景にはデジタル変革により得られるビジネスのメリットが、大手企業だけでなく中堅、中小企業にも同じようにあること。そして大手だけでなく中堅、中小企業のデジタル変革についても、SAPは積極的にサポートしていくことの表れでもある。

 SAPジャパン バイスプレジデント ゼネラルビジネス統括本部 統括本部長 牛田 勉氏
SAPジャパン
バイスプレジデント ゼネラルビジネス統括本部 統括本部長
牛田 勉氏

 SAPが調査会社のIDCに依頼した世界の「中堅中小企業に潜在するデジタル変革への可能性」調査の結果を見ても、この戦略が正しいことが裏付けられる。調査では従業員1,000人未満の企業のうち46.5%が、今後3年から5年の間にデジタルエコノミーへの積極的な参加が不可欠だと回答している。さらに、従業員100人未満の企業38.2%からも、同様の回答を得ている。

 調査対象の中堅、中小企業の5社中4社が、デジタル変革を進めた結果として具体的なメリットがあったと回答している。そしてメリットを感じた企業の5分の2が、デジタル変革の導入は容易かもしくは思った通りに実現できたと回答している。このデジタル変革の容易な実現に貢献しているのが、もちろんクラウドだと牛田氏は指摘する。

 中堅中小企業におけるデジタル変革の取り組みとしては、コラボレーション・ソフトウェアやCRM、Eコマースアプリケーションなどの導入があり、これらのアプリケーションの導入では、3分の1がクラウドで行われている。つまりはクラウド型のこれらアプリケーションの導入が、中堅、中小企業のデジタル変革のきっかけになっていると言ってよさそうだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5