Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ベンダーロックインからの解放なるか?マイクロソフトがPaaSに注力する理由

2017/05/15 06:00

 クラウドの中でIaaSは、今やコモディティ化したサービスとなっており、どちらかと言えば各ベンダー間で低価格競争の状況になっている。一方でPaaSは、ベンダー独自の機能を実装しさまざまな付加価値を提供する争いになっている。当然ながらマイクロソフトも、現状かなり力を入れているのはPaaSであり、中でもAzure App Serviceには大きな投資が行われている。

Azure App ServiceではLinux、Docker対応に注力中

Azure App Serviceの開発チームを率いる、プリンシパル・プログラム・マネージャーのアパルバ・ジョシ(Apurva Joshi)氏
プリンシパル・プログラム・マネージャー
アパルバ・ジョシ(Apurva Joshi)氏

 Azure App Serviceの開発チームを率いる、プリンシパル・プログラム・マネージャーのアパルバ・ジョシ(Apurva Joshi)氏は、2016年12月に話を訊いた段階で、マイクロソフトのクラウドの優位性はPaaSによって決まると語っていた。

 現状、日本ではAzure App ServiceのLinux対応への関心がかなり高まっている。「Linux対応製品の完成は間もなくで、2017年の夏くらいには一般提供を開始する予定です」とジョシ氏。

 「Linuxのサポートは、マイクロソフトが今もっとも重視しているところです。App Serviceの柔軟性と完全性を、Linuxの世界にも届けたいと考えています」(ジョシ氏)

 さらに日本だけでなく共通のテーマとなっているのが、Dockerのようなオープンソースのコンテナ技術部分だ。ここにもマイクロソフトは大きな投資をしている。そして「Dockerのコンテナをドック化するためにも、Visual Studioとの連携を進めています」とも言う。

 またAzure BatchでDockerコンテナを実行できるようにもしていて、さらにはAzure Container Serviceを使ってDocker Swarmのクラスター環境を構築できるようにする取り組みも行われている。「これから数ヶ月で、Dockerへの対応をApp Serviceで集中的に行っていきます」とジョシ氏。

 Azure App Serviceでもう1つ力を入れているのが、「App Service Environment」だ。これは企業のデータセンター内でAzure App Serviceを利用できるようにするもので「プライベートクラウドのセキュアな環境で、パブリッククラウドの柔軟性を得られるものです」と説明する。

 Azure App Serviceは、既存のアプリケーションの構築、実行の環境を一気に破壊的に進化させるものではない。既存の環境を継続的に使えるようにすることを目的としており、そのためにも利用者の多いVisual Studioの対応や、App Service Environmentのようなサービスも活用することになる。つまりこれまでの環境を一切捨ててAzure App Serviceに移行するのではく、これまでの投資も活用しながら進化したPaaSを最大限に活用できるようにするわけだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5