Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Dell EMCはハイブリッドクラウド推し、プレジデントが語るITトランスフォーメーションのシナリオ

2017/05/15 06:00

 CEO マイケル・デル氏に続いて、Dell EMC Worldの基調講演のステージに登場したのは、Dell EMCのプレジデント デビッド・ゴールデン氏だ。ゴールデン氏はまず、企業がデジタルトランスフォーメーションでビジネスを革新するために必要となる、ITトランスフォーメーションについて触れた。

ハイブリッドクラウドのためにミッションクリティカルなアプリケーションを動かすクラウドを

Dell EMCのプレジデント デビッド・ゴールデン氏
Dell EMCのプレジデント デビッド・ゴールデン氏

 ITトランスフォーメーションで既存のIT環境をシンプル化してコストを削減し、その分をビジネスの革新となるデジタルトランスフォーメーションに投資するというシナリオだ。このITトランスフォーメーションは、Dell EMCのビジネスにとって、大きなものである。

 Dell EMCが考えているITトランスフォーメーションのためのITインフラは、ハイブリッドクラウドだ。このハイブリッドクラウドの環境を実現に必要となるのが、データセンターの近代化。コンバージドなインフラを導入して、IaaS的な環境をデータセンターに構築する。そしてそこにインテリジェンスを加え、自動化を実現する。結果的にデータセンターのオペレーションの変革をすることになり、コストも削減できるという。

 このITトランスフォーメーションの鍵はアプリケーションだ。ハイブリッドクラウドの上で、アプリケーションをどう動かすかを十分に考慮することが重要になるからだ。ゴールデン氏も「クラウドはアプリケーションを動かす場所の話ではなく、実現の方法のことです」と語る。この「クラウドは場所ではなく実現方法」と言うのは、どうやらDell EMCのクラウドに対するメッセージとして、全社統一されているようだ。そのため、今回のイベント期間中何度か開催されたプレス向け説明の場でも、複数のスピーカーから同様の発言を聞くことになった。

 ほとんどのパブリッククラウドのベンダーは、汎用のアプリケーションを動かすことにこれまで重点を置いてきた。あるいは、クラウドネイティブなアプリケーションを動かすことしか考えていない。とはいえ、企業が動かしたいアプリケーションはそれらだけでない。企業の業務を効率化するためのミッションクリティカルなアプリケーションが数多くある。現状、それらのミッションクリティカル・アプリケーションは、オンプレミスの専用ハードウェアの上か、その上の仮想環境で動いているものがほとんどだ。つまり企業は、この面からもハイブリッドクラウドを選択することになるのだ。

 Dell EMCでは、ミッションクリティカルなアプリケーションをパブリッククラウドで動かすことにも取り組んでいる。そこでクラウドインフラで効率的にミッションクリティカルなアプリケーションを動かすための特別なソフトウェアを開発している。それを使っているのが、ミッションクリティカルなアプリケーションの稼働に特化したパブリッククラウド・サービスであるVirtustreamというわけだ。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5