Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

新生Dell EMCに訊いた!オープンソース・ソフトウェア領域への取り組み

2017/05/23 06:00

 かつて、2015年のEMC Worldの注目ポイントの1つが、EMCのオープンソース・ソフトウェアへの取り組みだった。ところが2016年のEMC WorldはDellとの統合を控え、その後のオープンソース・ソフトウェアへの取り組みについてのアップデートについては発信されなかった。そして2017年、Dellとの統合も終え新たなスタートを切ったDell EMCでは、いったいオープンソース・ソフトウェアの世界とどのように関わっていくのか。Dell EMCの新たなオープンソース・ソフトウェアに関する活動である{code}について、技術分野のバイスプレジデントで{code}を担当するジョシュ・バーンスタイン(Josh Bernstein)氏に現状のDell EMCのオープンソース・ソフトウェアに対する取り組みについて話を訊いた。

{code}のミッションは既存のオープンソースへの貢献とDellのコードのオープンソース化

 ジョシュ・バーンスタイン氏
DELL EMC バイスプレジデント 
ジョシュ・バーンスタイン氏

Q:{code}とはいったいどのような活動なのですか?

バーンスタイン氏:{code}のミッションは2つあります。1つはDevOpsに関連するような主要なオープンソース・ソフトウェアに対しDellとして貢献することです。そしてもう1つは、Dell自身のソフトウェアをオープンソースの世界に展開していくことです。Dellのエンジニアが書いたコードをオープンソース化します。また世間で関心の高いオープンソース・ソフトウェアについてスポンサーすることで、Dellのオープンソースに対する活動の認知度を上げるというのもあります。

 すでに{code}には、90ぐらいのプロジェクトがあります。{code}は、基本的にはDellのコーポレートブランドからは独立した形の活動です。なのでWebサイトも"dell.com"とは別で、"codedellemc.com"となっています。この企業のビジネス活動から独立して活動する考え方は、オープンソースの世界に関わるためには重要なものです。

Q:{code}の活動は、従来EMCで進めてきたオープンソース・ソフトウェアに関する活動の延長線上にあるものですか?

バーンスタイン氏:そもそも{code}は、「EMC {code}」として活動していたものです。それがDellと統合して{code}になり、EMCだけでなくDellのビジネス全体に則した戦略へと、責任範囲を拡大しています。

Q:活動としてはDellのソフトウェアをオープンソース化するものと既存のオープンソースのコミュニティに貢献するものでは、どちらの割合が高いのでしょうか?

バーンスタイン氏:これらは50対50の割合です。Dellの規模だと自社のコードをオープンソース化することに注力してしまうと、それはビジネス上の利益を追求する活動になりがちです。なのでどちらかに偏るのではなく、コミュニティに貢献することにも力を入れています。

Q:世の中にはたくさんのオープンソースのコミュニティがすでにあります。それらに貢献するだけでなく自らオープンソースのコミュニティ活動を行うのはなぜですか?

バーンスタイン氏:{code}は、Dell EMCがDevOpsとの関連性を深めるための活動でもあります。たとえば、これまでのDell EMCの営業担当者は顧客とはIOPSの話やストレージの容量の話ばかりしていたでしょう。ところが企業でDevOpsに関わる人たちは、そういう話にはあまり興味がありません。DevOpsに関わる人たちが興味を持てるような会話を、Dell EMCの営業担当者できるようにレベルを上げるのが{code}の目的の1つでもあります。

 オープンソースを活用するDevOpsの世界でDell EMCが信頼を得なければ、会話は成り立ちません。そのためには、Dell EMCがオープンソースのコミュニティに貢献する必要があるのです。これからは、Dell EMCの営業の場で、どんどん上位のアプリケーションの話をするようになります。それができる能力を持っていることが、ベンダーとしての優位性にもなります。それを{code}の活動が、陰から支えることになります。

Q:{code}とPivotalの活動はどう関連してくるのでしょうか?

バーンスタイン氏:{code}とPivotalは、今は別々に活動しています。とはいえ、双方の活動は関連しています。{code}がオープンソースのコミュニティに還元したものを、Pivotalが利用することもあるでしょう。その逆もしかりです。私の立場から見れば、双方は助け合っていることにもなります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5