Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

40周年のSASを支えるCEO ジム・グッドナイト氏はまだまだ健在、さらなるチャレンジも語る

2016/04/25 06:00

 アナリティクス専門企業である、SAS Instituteが創業したのは1976年。今年は40周年の節目の年だ。ソフトウェアベンダーでビジネス領域を変えずに長い年月を貫き通している企業はそう多くない。過去にはIBMなどから買収の申し出も数多くあったようだが、そういった誘いは一切退け、プライベートカンパニーとして経営を続けている企業は珍しい存在だ。

アナリティクスに特化したビジネスで40周年

 そんなSASのカンファレンスイベント「SAS Global Forum 2016」のオープニングゼネラルセッションに登場したCEOのジム・グッドナイト氏は、40年前にSASを創業して以来ずっとSASを先頭に立ち牽引してきた人物だ。70歳を超えてなお現役の経営トップであり、いまだにコードも書いているとの噂もあるくらい。

70歳を超えてなお現役、ジム・グットナイト氏
70歳を超えてなお現役、ジム・グットナイト氏

 この日のセッションでは、SASにおける40年の月日を振り返ったグットナイト氏。一貫してアナリティクスの製品を提供しているSASだが、それを発展させる形でマーケティング・オートメーションの「Customer Intelligence 360」やサイバーセキュリティ対策製品を提供している。さらに本業の領域でも、次世代のハイパフォーマンス・アナリティクスやビジュアル・アナリティクスといった新しい製品も提供している。

 「当初はシングルプロダクトでシングルマシンの環境から始まりました。今では数百の製品群になっています。この40年間でもっとも大きく進化したのが、マシンのスピード。その結果、SASができることが大きく広がりました」(グットナイト氏)。

 当初は、秒間500トランザクションしか処理できなかったが、今では秒間30億トランザクションもの処理も可能だ。メモリも数100Kの世界からギガバイト、テラバイトに拡大している。CPUのコア数も大幅に増え、マッシブパラレル・コンピュータで超並列処理もできる。こういった進化があったからこそ、カスタマーインテリジェンスと言った新たな領域などで、ビッグデータを用いたリアルタイム分析を活用するようなチャレンジもできる。

 「次なる40年のためにアナリティクスについてもっと若い世代が学んで欲しい。すでにSASでは学生などにアナリティクスの教育の機会を提供しており、これを活用し学んだ学生が大勢います」

 CEOであるグッドナイト氏が70歳を超えても、教育に投資し若い世代に期待して次なる40年を語れる。そんなところが、今のSASの強さでもあるのだろう。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター ブレインハーツ取締役。AI、エキスパートシステムが流行っていたころに開発エンジニアに、その後雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダの製品マーケティング、広告、広報などを経験。現在は、オープンシステム開発を主なターゲットにし...

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

この記事もオススメ

All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5