Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IBM、仮想化環境向けキャッシュソフト「FlashCache Storage Accelerator」を発表

2013/08/20 16:00

日本IBMは、多数の仮想サーバーが稼働する仮想化環境において高速な入出力処理を実現するフラッシュ・キャッシュ・ソフトウェア「FlashCache Storage Accelerator」の提供を開始すると発表した。この製品は、IBM System xサーバーに搭載する不揮発性の半導体メモリーであるフラッシュ・ストレージに使用頻度の高いデータを蓄えてデータ読み出し用のキャッシュとして利用するソフトウェア。

「FlashCache Storage Accelerator」により、最大2倍の仮想サーバー数を実行できるようになり、仮想化環境を構築する際の物理サーバー数の削減やストレージ関連のコスト削減、既存のストレージ環境の性能向上を支援するとしている。

「FlashCache Storage Accelerator」の最小構成価格はサーバー1台あたり651,000円(税別)で、8月20日から販売し、8月29日から出荷を開始するという。

「FlashCache Storage Accelerator」は、SSDやIBMのHighIOPS PCIeアダプターといったフラッシュ・ストレージを搭載したIBM System xにインストールするだけで利用できるという。フラッシュ・ストレージに使用頻度の高いデータを蓄えてデータ読み出し用の高速な記憶装置として利用可能になり、従来のように入出力のたびに低速な外部記憶装置から読み出す必要がなくなるため、入出力の高速が可能だという。

そのため、既存共有ストレージの読み込みパフォーマンスを向上させ、導入にかかる作業負荷や運用の変更を最小限に抑えながら、仮想化環境におけるシステム全体の処理性能の向上を図ることができるとしている。また、サーバーからサーバーへの仮想マシンの動的移行にも対応しており、仮想化環境におけるフラッシュ・メモリー資源を有効活用できるという。

なお、「FlashCache Storage Accelerator」は、VMware ESXi 5.0/5.1および、Windows Server 2008/2012、Red Hat Enterprise Linux 5/6に対応しているという。

■ニュースリリース
http://www-06.ibm.com/jp/press/2013/08/2001.html

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5