Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本NetApp、信頼性の高いデータ管理基盤の構築を目的とした中堅企業向けストレージ新製品「FAS2000シリーズ」を提供開始

2007/09/10 18:55

 日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(以下ネットアップ)は、従来の中堅企業向け主力製品である「FAS200シリーズ」の後継となる新製品「FAS2000シリーズ」を本日より提供開始した。

 従業員数が100人から1000人程度の中堅企業市場を主な対象としており、ストレージ容量が最大24TBの「FAS2020」と、最大69TBの「FAS2050」の2種類の製品で構成される。

 従来のFAS200シリーズと比較すると、ストレージ容量を最大で4倍以上に拡大すると同時に、ディスクドライブには最大300MB/秒の高速転送帯域を持つ最新のインタフェース規格「SAS(Serial Attached SCSI)」を同社として初めて採用。中堅企業の重要な課題となる信頼性の高いデータ管理基盤の構築と厳しいコスト削減の要求を同時に満たしたい、としている。

 また、「FAS2000シリーズ」には、データ保護、セキュリティ、リモート管理などデータ管理の運用を簡単に行うためのネットアップ製品に共通のストレージOS「Data ONTAP」も搭載されている。 

日本ネットワーク・アプライアンス、中堅企業向けストレージ新製品「FAS2000シリーズ」を提供開始

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5