Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日立ソリューションズ、顧客の声を分析・可視化する「顧客協創型商品企画ソリューション」を提供

  2015/10/21 14:00

 日立ソリューションズは、営業販売員やコールセンターなどに寄せられる膨大な顧客の声(Voice Of Customer:VOC)をメールやシステムから収集して分析し、商品やサービスの企画・開発やマーケティング活動に活かす「顧客協創型商品企画ソリューション」を12月1日から販売すると発表した。

 このソリューションにより、商品やサービスの企画・開発にあたり、営業やサポート、企画、開発部門、パートナー企業に寄せられている要望や評価などの顧客の声を、組織を越えて効率的に把握し、市場のニーズに合致した価値ある商品をタイムリーに提供することが可能となるという。

 「顧客協創型商品企画ソリューション」は、企業内のメールや個別の業務システムに散在する膨大な顧客の声を収集して分析し、顧客のニーズや商品・サービスの問題点をカテゴリー別や重要度などで可視化する。

 また、その結果を、パートナー企業を含む関係者と、グローバルに安全に共有、活用できる環境を提供するという。

 なお、このソリューションは、次の製品を組み合わせて提供する。

  • 「活文 Managed Information Exchange」:企業間情報共有システムにデータ統合技術で顧客の声を収集する機能を拡張
  • 「Splunk」:100か国、10,000社を超える導入実績があるSplunk社のビッグデータ利活用基盤
  • 「CoreExplorer」:製造業をはじめ多数の導入実績がある日立ソリューションズ東日本のテキストマイニングシステム

 「顧客協創型商品企画ソリューション」の特徴は次のとおり。

 1. メールやシステムに散在する顧客の声を集約:販売拠点やコールセンター、サポート窓口などに寄せられた顧客の声を、データ統合技術によりシステムやメールから収集。

 2. 膨大な顧客の声の中から重要度の高い情報を選別:販売担当者や顧客、パートナー会社などが、企業間情報共有システムの新評価機能「いいね!」を利用することで、情報の重要度をランク付けることが可能。

 3. 顧客の声を分析してグラフや表で可視化し、組織を越えて共有:収集した顧客の改善要望や評価、クレームなどの情報を分析し、顧客のニーズや商品・サービスの問題点などをグラフや表で可視化。要望に応じて分析する基準や項目などに合ったテンプレートを提供。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5