Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2015年のエンタープライズITインフラ市場は前年比8.5%増の7,500億円規模に――IDCが発表

  2016/06/15 14:30

 IDC Japanは、2015年の国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の実績を発表した。IDCでは、ITインフラストラクチャの構成要素のうち、サーバー、エンタープライズストレージシステム、およびデータセンター向けネットワーク機器(イーサネットスイッチ)を包含した市場をエンタープライズITインフラストラクチャ市場と定義している。また、エンタープライズITインフラストラクチャ市場は、トラディショナルITインフラ市場とクラウドITインフラストラクチャ市場に分けられる。

出荷額シェアは、富士通が1位、2位がNEC、3位がHP Enterprise

 2015年の国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の出荷額は、前年比8.5%増の7,502億5,200万円だった。コンポーネント別に出荷額を見ると、サーバーが市場全体の67.6%に当たる5,069億6,000万円、ストレージが26.4%に当たる1,977億3,800万円、イーサネットスイッチが6.1%の455億5,400万円であった。

 コンポーネント別に前年比成長率を見ると、すべてのコンポーネントがプラス成長だった。特にイーサネットスイッチでは、前年比25.2%増の高成長を達成した。第1、第2のプラットフォームから、第3のプラットフォームへのシフトが進展するなかで、ソーシャル/モビリティの活用やIoT(Internet of Things)への取り組みによって、個人、企業、クラウドサービスプロバイダーなどの間において、ネットワークを介したデータのやりとりが加速度的に増加していることが背景にある。

 出荷額シェアを見ると、1位が富士通、2位がNEC、3位がHP Enterprise、次いで日立製作所、IBM、デル、シスコシステムズの順。前述のとおり、国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場における出荷額の7割弱をサーバーが占めているため、サーバー市場においてシェアの大きいベンダーが、本市場においても上位にランクインした。

クラウドITインフラの出荷額は前年比80.4%増の1,171億3,000万円

 また、2015年の国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場では、トラディショナルITインフラストラクチャからクラウドITインフラストラクチャへのシフトが加速した。クラウドITインフラの出荷額は、前年比80.4%増の1,171億3,000万円。国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場での構成比は、前年から6.2ポイント上昇して15.6%となった。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ グループマネージャーの福冨里志氏は、「国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場の参加者、つまりハードウェアベンダーにとっては、トラディショナルITインフラストラクチャ事業においてシェアを落とさず、いかにクラウドITインフラストラクチャ事業を伸ばすかが、継続的に利益を確保する上で鍵になる」と分析している。

参考資料:国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場 ベンダー別出荷額シェア、2015年(作成:IDC Japan)  

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内エンタープライズITインフラストラクチャ市場シェア、2015年:加速したクラウドへのシフト」にその詳細が報告されている。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5