SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press

SUSE CEO「Red Hatとは競合ではなく補完関係。お客様の選択肢を広げることが重要」

 Linuxディストリビューター大手のSUSEは、ミッションクリティカルな基幹システムへのLinuxの普及を牽引してきた。そして近年、同社はRed Hatとの差別化を鮮明にしながら、新たな動きを加速させている。特に注目されるのが、コンテナ管理プラットフォームのKubernetesへの取り組みだ。2023年にSUSEのCEOに就任したDirk Peter van Leeuwen(ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン)氏に、SUSEの戦略とオープンソースの未来像について話を聞いた。

Linuxの多様性とユーザー重視の姿勢を強調

SUSE CEO Dirk Peter van Leeuwen ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン氏
SUSE CEO Dirk Peter van Leeuwen ダーク-ピーター・ヴァン・ルーウェン氏

 インタビューに先立つ記者会見で、ルーウェン氏は「Linuxの多様性を保持し、ユーザーを重視する」ことを強調していた。SUSEは2023年、CIQ(Ctrl IQ)やOracleとともに業界団体「Open Enterprise Linux Association(OpenELA)」を立ち上げた。OpenELAは、Red Hat Enterprise Linux(RHEL)と互換性のあるエンタープライズLinuxディストリビューションの開発を促進し、そのソースコードを無償で提供することを目的としている。

 これは、2023年6月にRed Hatがソースコードの一般公開をやめ、顧客限定としたことへの対抗措置と受け止められていた。Red Hatのこの方針転換について、「オープンソースの理念に反するもの」と見なされ、SUSEがエンタープライズLinuxの市場で競争戦略を掲げたことに注目が寄せられていた。

 「戦略発表」と題した会見では、その違いを鮮明に打ち出すことを予想していた。しかし以外にもルーウェン氏は「Red Hatとの関係は競合ではなく補完関係」と表現し、「競争よりも顧客重視」の姿勢を鮮明にした。インタビューでは、その真意について話を聞いた。

お客様の選択肢を広げることが重要

 「オープンソースにおいて最も重要なのは、お客様にとっての選択肢だ。お客様は複数のLinuxディストリビューションを使っているので、その選択肢をサポートできるかどうかがSUSEの立ち位置だと考えている」とルーウェン氏は語る。

 「ブランドや知的財産がイノベーションを生むのではなく、エンジニアや技術者の協力がイノベーションを生み出す。オープンソースの世界では、プロジェクトから生まれたプロダクトをどこまで使えるかが重要なポイントだ」

 ルーウェン氏は「Red Hat時代も含め長年のオープンソースビジネスの経験を通じ、最終的にはお客様の選択こそが最も重要だと確信するに至った。それこそがオープンソースの本質だ。だからこそSUSEのCEOに就任した時、これまでの思いを本当の意味で実現できると感じた」と述べ、顧客重視とオープンソースへの信念を重ねた。

コンテナ技術とセキュリティへの注力

会見でのルーウェン氏
会見でのルーウェン氏

 SUSEはコンテナ技術への取り組みも加速させている。2020年にはKubernetesベースのコンテナ管理プラットフォーム「Rancher Labs」を、2021年にはコンテナセキュリティツールの「NeuVector」を買収した。これらの買収について、ルーウェン氏は「コンテナ化されたアプリケーションの管理とセキュリティの強化に直結する重要な投資」と位置づける。

 「コンテナについてもどのディストリビューションを採用するかは関係ない」と、ルーウェン氏はSUSEのKubernetesに対する姿勢を明確にする。「Kubernetesに対する方針も、Linuxと変わらない。結局、同じソースコードから来ているのだから。各クラウドベンダーがKubernetesのマネージドサービスを提供しているが、SUSEとしてはマルチクラウド、マルチディストリビューションのアプローチでお客様をサポートしていく」

 また、セキュリティについても言及した。「多くの企業がコンテナの中に何が入っているのか、ライフサイクルにあまり注意を払っていない」と課題を指摘した上で、「コンテナに入ってくるものや出ていくものを事前にチェックし、問題発生前に対処することが肝要」とSUSEの取り組みを説明した。

 NeuVectorの買収について、ルーウェン氏は「物理的なコンテナを想像してみてほしい。中に入っているものは見えないが、私たちはコミュニケーションという手段を通じて、新しいベクトルの世界において、パケットの出入りを『ディープパケットインスペクション(DPI)』と呼ぶランタイムの視点で見ることができる。たとえばクレジットカードのデータが不用意に外に漏洩するのをブロックするなど、ソフトウェア化されたコンテナならではの防御が可能になる」と語った。

次のページ
非公開企業としての立ち位置とマルチベンダー戦略

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

翔泳社 メディア事業部。同志社大学卒業後、人材採用PR会社に就職後1994年から翔泳社に参加。以後、翔泳社の各種イベントの立ち上げやメディア、書籍、イベントに関わってきた。現在は、嘱託社員の立場でEnterpriseZineをメインに取材・編集・書籍などのコンテンツ制作に携わる。 趣味:アコギ、映画鑑賞。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/19580 2024/05/01 09:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング