Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

著者情報

  • 京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

    翔泳社 メディア事業部 編集委員。EnterpriseZineの他、翔泳社のメディア、書籍に関わる。


執筆記事

  • 2020/04/09

    セールスフォースの営業のプロが語る「中小企業と向き合うための原則」

     セールスフォース・ドットコムの製品思想は、営業にも貫かれている。同社で長年営業に携わってきた営業のプロフェッショナルに、同社の営業の根底にある原則と、中堅・中小企業を支援するための考え方について語ってもらった。

  • 2020/04/08

    東芝、ISID、フロンティアワンの有識者が語る「製造業のDXの本質」とは

     製造業は今、デジタルトランスフォーメーション(DX)による変革期にある。AIやIoTなどのテクノロジーによる生産現場の革新だけでなく、事業そのものの構造変化が求められている。こうした中、製造業の現場と経営に知見を持つ有識者による『デジタルファースト・ソサエティ』が刊行された。本稿では編著者の3名へのインタビューを踏まえ、製造業の今後について考えていく。

  • 2020/04/07

    【テレワークTips】成否を決める個人とチームのルールづくり

     本連載では、テレワークの導入に役立つノウハウや、実践に役立つテンプレートなどを紹介していく。新型コロナウイルス対応で、テレワークを導入する会社が急増しているが、いざ始めてみると運用上のルールや、マネジメントのポイント、社内カルチャーとの不整合などつまずく点も多い。第一回目はテレワーク導入のルールのポイントについて、EY Japanのコンサルタントの解説とルールづくりのためのテンプレートをお届けする。

  • 2020/04/01

    新型コロナウイルス対策にAIはどう貢献できるか──AIテック企業、Appier研究者が語る

     AIテクノロジー企業のAppier(エイピア)は、新型コロナウイルスへの対応を支援するAI に関するオンラインでの記者説明会をおこなった。本稿ではその内容を紹介する。

  • 2020/03/19

    急増するテレワーク、オンラインセミナー、各社の取り組みから見えてきた課題

     新型コロナウイルス問題によってテレワークやオンラインセミナーなど導入が急速に進んでいる。こうしたツールやサービスの提供企業に、企業の問い合わせの動向や対応や、浮上してきた課題について、ブイキューブ、TDMテレワーク実行委員会、シャノンの関係者に話を聞いた。

  • 2020/03/06

    西内啓氏が語った「新型コロナウイルス問題の中でパートナーイベントを中止しなかった理由」

     データ分析・活用のクラウドサービスを提供するデータビークルが、2020年3月3日にパートナー向けセミナーを開催し、同社最高製品責任者の西内啓氏がスピーチをおこなった。西内氏は『統計学が最強の学問である』などの著者であり統計家として知られるが、以前は東大で医学を専門として教鞭をとり、疫学や公衆衛生学の分野の研究者としての経歴を持つ。新型コロナウイルス問題によって、各種イベントの中止・自粛が相次ぐ中で、あえてパートナーイベントを開催した理由について語り、専門を踏まえた知見と対処法を紹介した。

  • 2020/03/04

    組織・人事の課題をAIが発見、EY Japanのコンサル支援AI「JEFTY」

     近年AIは様々なビジネスの領域に活用されているが、コンサルティングの分野でも導入が進んでいる。EY Japanは組織人事コンサルティング部門が独自に開発したAI、「JEFTY(Jargon Explorer For TYping)を導入し、コンサルタントの活動を支援している。このAIの開発を主導した同社の吉田尚秀氏、開発を担当した加藤雄平氏に話を聞いた。

76件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5