Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

先進的で細やかな管理が可能なVMware vSphereとシンプルで必要十分なCitrix XenServer~運用管理機能を比較する

2010/11/17 00:00

 前回に引き続き、仮想化環境を構築する場合に使用する有償バージョンの機能を比較し、両ソフトの実力を探っていきます。今回は、「ユーザー管理」「アラート通知」「アップデート管理」といった機能について比較します。

ユーザー管理

 VMware vSphereとCitrix XenServerは、いずれもユーザーをActive Directoryで統合管理できます。ADドメインに登録されたユーザーは、後述のロールベースアクセス管理の設定を行うことで、仮想化環境を管理できます。

図1:XenCenterのADドメインへの接続
図1:XenCenterのADドメインへの接続
図2:XenCenter管理ユーザーの一覧
図2:XenCenter管理ユーザーの一覧

 

ロールベースアクセス管理

図3:VMware vSphereにおけるロールの作成
図3:VMware vSphereにおけるロールの作成

 ロールベースアクセス管理(RBAC)は、デフォルトの管理ユーザー以外のユーザーやグループに、部分的な管理権限を持つロール(役割)を与えることで、運用を柔軟に行うための機能です。

 VMware vSphereでは、サーバを単体管理している場合は「システム管理者」「読み取り専用」「アクセスなし」の3種類のシステムロール、加えてvCenter Serverで統合管理している場合には「仮想マシンパワーユーザー」「仮想マシンユーザー」「リソースプール管理者」「VMware Consolidated Backupユーザー」「データストア消費者」「ネットワーク消費者」の7種類のサンプルロールが存在します。

 さらに、非常に多くの権限を組み合わせて独自のロールを作成できるため、非常に詳細な権限管理が可能ですが、VMware vSphereの管理に熟練していないと、正しい権限を割り当てることが難しい場合があるため、扱いには注意してください。

 Citrix XenServerでは、「Pool Admin」「Pool Operator」「VM Power Admin」「VM Admin」「VM Operator」「Read Only」の6種類のロールがあらかじめ用意されており、ADドメインのユーザーに紐付けすることで管理権限を付与できます。独自のロールを作成する機能はありませんが、VMware vSphereよりもシンプルでわかりやすい仕組みと言えるでしょう。

図4:XenCenter管理ユーザーへのロール設定
図4:XenCenter管理ユーザーへのロール設定

 ロールの詳細は以下の通りです。

  • Pool Admin
  •  ローカルのrootと同レベルの管理者。XenServerに対する完全なアクセス権が付与される。

  • Pool Operator
  •  管理者ユーザーの追加/削除を除いたすべての管理層操作が可能なユーザー。

  • VM Power Admin
  •  仮想マシンを作成・管理できるユーザー。

  • VM Admin
  •  VM Power Adminに似ているが、仮想マシンを移行やスナップショットを作成はできないユーザー。

  • VM Operator
  •  VM Adminに似ているが、仮想マシンの作成や削除はできないユーザー

  • Read Only
  •  リソースプールとパフォーマンスデータの表示のみ可能なユーザー

 (次ページへ続く)

 

 

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 島崎 聡史(シマザキ サトシ)

    IT研修ベンダーにて講師としてコース企画、教材執筆、講習会実施などに携わった後、シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社に入社。デスクトップ仮想化製品のプリセールスに従事する傍ら、日本CloudStackユーザー会でのコミュニティ活動を通じてCloudStackの普及啓蒙に携わる。 Twitte...

バックナンバー

連載:比較で学ぶCitrix XenServer 5.6
All contents copyright © 2007-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5