SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

比較で学ぶCitrix XenServer 5.6

VMware vSphereとCitrix XenServerではどちらがリソースを効率的に活用できるか

第2回


 前回は、VMware vSphereとCitrix XenServerの基本的な構成の違いと、無償版で利用可能な機能の比較を行いました。無償版を使用して、小規模なサーバー環境手軽に構成する範囲では、Citrix XenServerの方が多くの機能を利用できましたが、規模が大きくなった場合はどうでしょうか。今回からは、本格的な仮想化環境を構築する場合に使用する、有償バージョンの機能を比較し、両ソフトの実力を探っていきます。

エディション構成

 VMware vSphereとCitrix XenServerを比較するにあたり、それぞれのエディション構成を紹介します。両製品ともに価格の異なる複数のエディションが存在し、上位になるほど高度な管理機能が使用できます。

VMware vSphere

 VMware vSphereは、3台以下のホストで構成される小規模環境向けのエディションとして、Essential、Essential Plusが用意されています。また、ホスト数制限のない中~大規模環境向けに、Standard、Advance、Enterprise、Enterprise Plusの各エディションがあります。Standardが基本的なサーバー統合、Advanceは可用性の強化、Enterpriseはさらにリソース管理の自動化という位置づけです。Enterprise Plusでは、さらに大規模環境向けに統合管理の強化が行われています。

 なお、統合管理を行うためには、Essential、Essential Plusではセットで提供されるVMware vCenter Server Foundationが、ホストが3台を超える環境ではVMware vCenter Server Standardが必要となります。

Citrix XenServer

 Citrix XenServerの有償バージョンは、Advanced Editionは可用性の強化、Enterpriseはイメージ管理や負荷分散、Platinumはディザスタリカバリや開発環境の運用強化が追加されています。これらのエディションを使用するには、XenDesktopやXenAppなど他のCitrix製品と同じく、ライセンスサーバーが必要になります。 ライセンスサーバーを初めて導入する際には「XenServerユーザーの為のライセンスサーバーの設定方法のページ」を参考にしてください。

 

*  *  *  *  *

 

 この連載では、「リソース有効利用」「基本的な運用管理」「データ保護」「可用性」「リソース制御」「統合管理の強化」など、いくつかの切り口でVMware vSphere 4.1とXenServer 5.6を比較していきます。今回のテーマは、「リソース有効活用」。関連する機能は概ね下図のとおりです。

表:エディションごとの機能比較
表:エディションごとの機能比較

 一覧表では、エディションによる差異がほとんど見られないのですが、いずれの製品も有償版はフリー版に比べて機能強化が行われているため、インターフェースや使い勝手には違いがあります。

 (次ページへ続く)

 

 

次のページ
リソースの節約

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
比較で学ぶCitrix XenServer 5.6連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

島崎 聡史(シマザキ サトシ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2615 2012/07/09 15:51

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング