Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

国内パブリッククラウド接続用途のWANサービス市場、2017年は前年比成長率56.8%の大幅拡大――IDC発表

  2018/03/19 14:15

 IDC Japanは、パブリッククラウドと企業拠点/データセンターを接続する目的で導入されるWAN(Wide Area Network)サービス(パブリッククラウド接続用途WANサービス)の市場予測を発表した。これによると、2017年も2016年に引き続き、パブリッククラウド接続用途WANサービスの市場規模が急速に拡大していることが分かった。

WANサービスやゲートウェイ利用で複数拠点からパブリッククラウドへの接続も増加

 現在、企業のパブリッククラウド利用が急速に拡大している。この影響で、パブリッククラウド接続用途WANサービスの市場規模も、2017年の市場規模 約84億円、前年比成長率56.8%と、前年に比べて大幅に拡大している。

 通信事業者は、自社のWANサービスからパブリッククラウドへのプライベート接続用ゲートウェイ(AWS Direct ConnectやMicrosoft Azure ExpressRouteなど)に閉域接続するオプションサービスを提供している。企業が、上記の通信事業者のWANサービスやゲートウェイを利用して、複数の企業拠点からパブリッククラウドに接続するケースも増加している。

2017年~2022年の年間平均成長率20.8%、2022年の市場規模215億円

 今後、パブリッククラウド接続用途WANサービス市場は、2017年~2022年の年間平均成長率20.8%と急成長が見込まれ、2022年の市場規模は約215億円になるとIDCでは予測している。2016年時点では、一般企業のパブリッククラウドの利用用途は、企業のWebサイトなどミッションクリティカルでない用途がほとんどだった。

 しかし、2017年には、基幹システムをパブリッククラウドに移行するケースも見られるようになり、これに伴い広帯域かつ高い安定性を持つ高品質な接続回線の導入が増加し始めている。

 企業が社内に置いていたアプリケーションをパブリッククラウドに移行する動きが拡大するにつれて、WANのトラフィックは増加する。また通信コストの抑制、レスポンスタイムの短縮、セキュリティやガバナンスの向上などの新たな取り組みが必要になる。

 IDC Japan コミュニケーションズ リサーチマネージャーの小野陽子氏は「企業は、重要なアプリケーションをパブリッククラウドに移すタイミングで、WANを見直すべきである」と提言している。

参考資料:国内パブリッククラウド接続用途WANサービス市場 売上額予測、2016年~2022年(作成:IDC Japan)

 今回の発表は、IDCが発行したレポート「国内通信サービス市場予測、2018年~2022年:クラウドで変わるWANサービス市場」にその詳細が報告されている。また、WANサービスの市場シェアについては、「国内WANサービス市場シェア、2017年:新たなWANサービスへの模索」で提供している。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5