Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キヤノンITS、テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」に在籍状況などのシステム間連携機能を追加

2019/01/16 13:15

 キヤノンITソリューションズは、クラウド型テレワーク支援サービス「テレワークサポーター」の機能を拡充し、顔認証技術で取得した在席状況や在席時間データのシステム間連携機能を2月1日から提供開始すると発表した。

 「テレワークサポーター」は、遠隔地での勤務時に課題となる勤務時間や仕事内容の見える化を実現するクラウドサービス。パソコン上のWebカメラから勤務者の常時顔認証を行えることが大きな特徴だという。

 この技術を利用して、在席・離席のプレゼンス状況や在席時間の自動集計が行えるほか、勤務者本人がボタン操作を行うことで記録される勤務時間データの取得が可能だ。また、勤務者が仕事内容を一覧から選択する簡単な操作だけで、仕事内容別の時間を自動集計する機能を備えている。

 新しい「テレワークサポーター」では、システム間連携機能として「WebAPI」の提供を開始する。これにより、企業の勤務管理システムなどとの連携が、簡単でスピーディーに構築可能になるという。また、顔認証情報の連携により、e-Learningなどのシステムの機能強化も可能だという。

 ■システム間連携機能で提供可能なデータ

  1. 勤務予定情報
  2. 勤務実績情報
  3. 顔認証情報(在席情報/離席情報)
  4. なりすまし/覗き込み情報
  5. タスク(仕事内容)実績情報
  6. ユーザー管理データ(ユーザー、組織、チームなど)

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5