Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

大塚商会とEMC、3TBで400万円以下のファイルサーバー製品

2009/05/21 20:15

大塚商会とEMCジャパンは、初期導入費用を従来比で6割削減したファイルサーバーのパッケージ商品「TWIN NAS 3TBパック」を22日から販売すると発表した。初期費用の低価格化は、設定の標準化、パッケージ化によりコンサルティング費用などを圧縮し、同等なシステム構成で1,000万円以上かかるところを、398万円(消費税別)に抑えたという。
 

 大塚商会とEMCジャパンは、3TB級のファイルサーバー製品を設定や機器構成をパッケージ化することで、大幅に初期導入費用を削減した「TWIN NAS 3TBパック」を22日から販売することを発表した。「TWIN NAS 3TBパック」は、機器やソフトウェアの構成と設定をパッケージとして標準化し、導入コンサルティングなどの部分を圧縮し、従来、同程度のシステムで1,000万円以上かかっていたものを398万円(消費税別)という価格で提供される。

 パッケージに含まれる機器やサービスは、EMC Celerra NX4の本体(サーバー2台内蔵)と1TB SATA HDD×12台(RAID6、RAID5、HS)に、管理ソフトとしてEMC Celerra Snapsure(世代管理用)、EMC Celerra Replicator(複製用)をインストールしたものになる。これに、設置、設定作業まで含まれる。

 Celerra NX4は、RAID構成によるデータ保護にくわえ、管理ソフトによるバックアップやレプリケーション機能が設定される。また、3TBのRAID6による有効データ保存領域の他、レプリケーション用の領域も3TB、RAID5で確保されている。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5