Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシスト、機械学習プラットフォームと高速インメモリBIツールを接続させたデータ分析製品

  2015/03/30 14:20

 アシストは、高速インメモリBIツール「QlikView」(開発元/販売元:Qlik Technologies)を利用して、Preferred Infrastructure(PFI)が提供する機械学習プラットフォーム「Sedue Predictor」に接続する「Sedue Predictor for QlikView」を独自開発し、3月30日から提供すると発表した。

 「Sedue Predictor for QlikView」は、Preferred Infrastructureが提供する機械学習プラットフォーム「Sedue Predictor」とアシストが提供する「QlikView」から「Sedue Predictor」に接続するコネクタ「Sedue Predictor Connector for QlikView」で構成される。

 アシストでは、FacebookなどのSNS分析を可能にするコネクタやサイボウズの業務アプリ構築クラウド「kintone」へ接続し、kintoneアプリに蓄積されたデータを「QlikView」に取り込んで分析できるコネクタを独自開発し無償提供するなど、「QlikView」普及へ向けた活動を行ってきた。

 2013年11月には、PFIが提供する日本初のクラウドベース機械学習分析サービス「Bazil」へ接続する「QlikView Connector for Bazil」(βプログラム)を開発し、PFI協力のもと、期間限定で「QlikView Connector for Bazil」と「Bazil」を無償で提供するキャンペーンを実施した。

 「Bazil」は、人間に代わってデータを解析し、さまざまなデータから機械でしか導き出せない法則を導き出し、観測していないデータに対しても予測を行うツール。

 今回アシストでは、キャンペーン実施時に利用者から寄せられた声などをもとに検討を行い、「Bazil」のオンプレミス版であり、クラウドサービスを利用できない顧客情報や機密情報も対象にできる「Sedue Predictor」へ接続する「Sedue Predictor for QlikView」を開発したという。

 「Sedue Predictor for QlikView」では、「Sedue Predictor」で実施した分析結果をチャート機能などが豊富な「QlikView」に連携させ、専門知識のない利用者でも「QlikView」をインターフェースとして高度で複雑、また数式が多数必要となるような分析も簡単に実現できるようにしたという。

 オンプレミス版の「Sedue Predictor」を採用したことで、顧客のセグメンテーション、クレジットカード与信、商品ターゲット、ECサイト購買、コールセンター対応状況など機密情報や個人情報が含まれるさまざまなデータ分析を自社内で実施可能だという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5