Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HOYAサービス、「Dynamics AX」と「SharePoint」を連携させるソリューション

  2015/07/07 12:40

 HOYAサービスは、Microsoft社のERPである「Dynamics AX」をHOYAグループ内、社外の導入実績から得たノウハウを効率的に導入するために、「Dynamics AX」の機能を拡張した各種のテンプレートを製造業向けに提供している。今回、新たに「SharePoint」を活用し、「Dynamics AX」の機能を補完するサービスの提供を開始した。

 このソリューションは、生産、販売、購買、在庫、会計の基幹業務を対象としたもので、「Dynamics AX」では実現が難しいワークフロー機能を「SharePoint」で実現し、業務の効率化をサポートするという。主な提供機能は次のとおり。

  • 見積管理(申請/承認フロー)
  • 受発注管理(申請/承認フロー)
  • 品質管理(QA/承認フロー)
  • マスター管理(申請/承認フロー)

 ソリューションの主な特徴は次のとおり。

 1. 柔軟なワークフロー設定が可能:「Dynamics AX」では実現が難しい複雑なワークフローも柔軟に実現。また、限定された業務に特化しない多種多様なワークフローを展開可能。

 2. ドキュメント検索の容易性:ドキュメント管理機能に優れた「SharePoint」を使用するため、承認済みの帳票等のドキュメントを簡単に検索でき、作業効率の向上をサポート。

 3. ユーザーによるのシステム運用の容易性:設定を簡単に行える「SharePoint」を使用するため、簡単にワークフローの設定が可能。また、都度発生する業務変更もシステム担当が対応せず、現場の利用者が対応することも可能。

 4. データ抽出の容易性:「SharePoint」上で、必要なデータを抽出した帳票を簡単に作成可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5