Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ティントリジャパン、Cinder driverによるOpenStackのサポートを開始

  2015/10/22 15:10

 ティントリジャパンは、仮想化専用ストレージ「Tintri VMstore」において、Cinder driverによるOpenStackのサポートを開始した。これにより、Cinderボリュームにおいて、サーバー/ネットワーク/ストレージの稼働状況を見える化し、ボトルネックを瞬時に特定することが可能となったという。OpenStackサポートはTintri OSの機能に含まれており、Tintri VMstoreを利用していれば無償で提供される。

 ティントリは、仮想マシン(VM)単位でデータレーンを確保し、それぞれのアプリケーションのI/Oを最適化することで、常にシステム全体を安定稼働させることができるが、今回の発表により、既存のハイパーバイザー環境にCinderボリュームを追加し、同じ管理コンソールで複数のハイパーバイザーも合わせて一元的に管理することが可能になるという。

 OpenStack環境で専用ストレージを導入するのは、コスト的に難しい状況が多くあるが、すでにティントリを仮想環境で利用していれば、ストレージ筐体内で未使用の領域をOpenStack向けに利用することが可能だという。

 1つのストレージ筐体で、VMware、Microsoft Hyper-V、Red Hat Enterprise Virtualizationに加えてOpenStack Cinderの複雑な混在環境であっても、わかりやすいユーザーインターフェースでVM単位での稼働状況のリアルタイム解析を行うことができるとしている。

  今回発表するOpenStack サポートの環境は以下のとおり。

  • Tintri OS:4.0以上
  • NFSサポート:Nova、Cinder、GlanceにおいてNFSドライバーをサポート
  • 見える化の粒度:Cinder VM、ならびにCinderボリューム単位
  • サポートディストリビューション:Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform (RHEL-OSP) 6.0、VMware Integrated OpenStack (VIO) 1.0
  • Tintri Cinder driverの機能:クローニング、スナップショット、プロビジョニング

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5