Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

2016年第3四半期 携帯電話・スマートフォン市場、5四半期ぶりに前年割れが止まる――IDCが実績値

2016/11/30 15:00

 IDC Japanは、国内携帯電話およびスマートフォン端末の2016年第3四半期(7月~9月)の出荷台数を発表した。

スマートフォン出荷台数は前年同期比18.8%増で703万台

 2016年第3四半期の国内携帯電話出荷台数(スマートフォンと従来型携帯電話の合計)は、前年同期比1.4%増の767万台となり、5四半期続いた前年割れがようやく終わる形となった。しかしその増加幅は小さく、携帯電話市場の成長は鈍化傾向にあるという。

 携帯電話市場の成長が鈍る中、アップルは389万台のiPhoneを出荷したが、ごく僅かながら前年同期を下回る(0.9%減)結果となった。それでも同社は50.7%のトップシェアを維持しており、強さは健在であると言える。また、2位にはNTTドコモ、auKDDI、ソフトバンクの3社に幅広いラインアップで多くのモデルを提供したシャープが入り、「らくらくスマートフォン」でシニア層を中心とした根強い人気を得ている富士通が第3位となっている。

 また、スマートフォンの出荷台数は703万台で、前年同期比18.8%増のプラス成長となった。ベンダー別シェアにおいては、アップルが55.3%のシェア、以下の順位については、携帯電話出荷と同様、第2位にシャープがランクインし、「Xperia X Performance」が好調だったソニーが第3位になった。

「スマートフォンはデジタルトランスフォーメーションのキーデバイスに」

 IDC Japan PC,携帯電話&クライアントソリューション シニアマーケットアナリストの菅原啓氏は、次のように述べている。

 「国内スマートフォン市場は成熟期を迎え、成長に鈍化が見られるが、より豊かなユーザー体験を提供するためのアプリケーション市場が今後もスマートフォン市場の成長を促すドライバーである可能性は高い。Pokémon GOに代表されるAR(拡張現実)のデバイス、今後Android陣営から本格的に投入されるDaydream-ready端末によるVRのプラットフォーム、そしてApple Watchに代表されるウェアラブルデバイスやIoT(Internet of Things)の大量の情報を処理するハブとして、今後もスマートフォンが果たす役割は拡大こそすれ縮小することはない」

 さらに「このように多彩な最新機能とユーザー体験をシームレスな形で統一されたプラットフォームを通じて提供するスマートフォンは、まさしく我々が呼ぶところのデジタルトランスフォーメーション(DX:Digital Transformation)のキーデバイスとなるであろう」としている。

参考資料1:2016年第3四半期 国内携帯電話出荷台数 ベンダー別 シェア(作成:IDC Japan)  
参考資料2:2016年第3四半期 国内スマートフォン出荷台数 ベンダー別シェア(作成:IDC Japan)  

 今回の発表はIDCが発行する「Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker」にその詳細が報告されている。IDC Trackerは、IDC独自の調査手法に基づきICT製品・サービスの市場規模・ベンダーシェアの実績や市場予測を定期的に提供するデータベース製品になる。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5