Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Oracleのパブリッククラウドサービスへの参入はクラウドマーケットの地図を大きく塗り替えるのか

edited by DB Online   2012/06/12 00:00

 「7年近くにおよぶ弛まないエンジニアリングとイノベーションに加え、鍵となる戦略的買収と数10億ドルに達する投資を行ってきた成果として、Oracleは地球上でもっとも包括的なクラウドを発表します」― 2012年6月6日(日本では7日の早朝)、OracleがPublic Cloudサービスを正式発表した。これはその際のOracle CEOラリー・エリソン氏の発言。昨年の米国Oracle OpenWorldでのお披露目から9ヶ月あまりが経過し、満を持しての発表と言えるだろう。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジ...

バックナンバー

連載:DB Online Weekly

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5