Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

勤務管理などの時間にまつわるTips(1) 【Excel Tips】日付から曜日を求めるには?

  2008/09/11 11:00

TEXT関数を利用して日付セルの隣に曜日を表示させる方法を紹介します。

概要

 以下のようなタイムシート表において、日付の隣に曜日を表示させるためには以下の2つの方法があります。

  • 同じ日付を入力してセルの書式設定で曜日だけを表示する
  • TEXT関数を利用してその日付から曜日を求める
タイムシート表
タイムシート表

 前者の方法では、日付セルにリンクする方法で数式を入力し(例:「=A2」)、セルの書式設定ダイアログボックスからユーザー定義を使って、曜日だけを表示するように設定する必要があります。こちらは、少々手間を感じるかもしれません。

 しかし、文字列操作関数の一つであるTEXT関数を利用すると、数式バーに直接数式を入力することで、すばやく曜日を求められます。TEXT関数は、引数に指定した値を所定の書式の文字列に変換した結果を返します。

=TEXT(値,表示形式)

 「表示形式」の引数はダブルクォーテーションでくくります。曜日の表示形式として有効なパターンは以下の通りです。

表示形式 結果
"aaa"
"aaaa" 水曜日
”(aaa)" (水)
"ddd" Wed
"dddd" Wednesday

操作手順

  1. サンプルファイル「sample.xls」を開きます。
  2. 曜日を求めたいセルを選択して、数式バーに「=TEXT(」と入力します。
    曜日を求めたいセルを選択して、数式バーに「=TEXT(」と入力
  3. 日付セル(ここではA2セル)を選択します。
    A2セルを選択
  4. 続いて、「,"aaa"」と入力して[Enter]キーを押します。
    「,"aaa"」と入力して[Enter]キーを押すと
    「,"aaa"」と入力して[Enter]キーを押すと
    ↓
    曜日が求められた
    曜日が求められたあとの画面


著者プロフィール

  • 小濱 良恵(コハマ ヨシエ)

    Microsoft MVP for Expression (April 2008 - March 2009) Microsoft Office や Expression Web の書籍やWeb記事を執筆するテクニカルライター。 当初は派遣の仕事が中心で、2002年にMOUS(...

バックナンバー

連載:60秒でできる!Microsoft Excel Tips集

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5