SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NEC、省エネ・省スペースの基幹業務サーバ13機種を発売

 今回発表の新製品は、昨年11月に発表した最大48CPUが搭載可能な大型機「モデル A200」に続く中小型機であり、最下位機種の「i-PX9000/S211」から最上位機種「同/S2A4」までの13機種。また、同時に「i-PX9000」シリーズ用の中小型ストレージとして、遠隔バックアップ運用への対応など災害対策を強化した「iStorage A2600」もあわせて製品化し、本日、販売活動を開始する。

 新製品の標準レンタル料金(月額)は235万円から。また、出荷開始時期は2007年9月28日だ。NECは今回の新製品も含むACOSシリーズ「i-PX9000」において、今後3年間で400台の販売を見込むという。

    新製品「i-PX9000/S200」の特長
  • 省スペース・省電力……「デュアルコア インテル(R)Itanium(R)2プロセッサ 9000番台」を搭載。ストレージや入出力装置などシステム構成に必要な主要コンポーネントをCPU筐体に搭載しながら、従来機「モデル S100」と比較して2分の1の設置面積となっており、省スペースと省電力化を実現
  • 高性能・高信頼……障害発生時にも命令リトライや他の正常なCPUに処理を引き継ぎ運用を継続させるプロセッサリリーフなど、ACOSが有しているRAS機能を継承。コンパクトな筐体ながら、高い堅牢性を持つ安心なシステムが構築可能。
  • 柔軟・快適な運用……OSとして、「ACOS-4/VX」に加えて、「HP-UX 11iv2」、「Red Hat Enterprise Linux v4」、「WindowsSever2003」の中から選択して搭載可能な「マルチOS機能」を実現。また、「ACOS-4/VX」を複数搭載する「論理分割機能」も搭載。ACOS内へのオープンOS開発環境の構築や、段階的なシステムの移行を可能にするなど、お客様のニーズに合わせた柔軟なシステム構築が可能だ
【参考】 設置面積半減と省電力化を実現した基幹業務サーバ ACOSシリーズ「i-PX9000」中小型機13機種を発売(プレスリリース)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/105 2007/08/23 14:43

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング