EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ノイズを電力に――NEC、ボタン電池で動画も送れる近距離無線通信LSI技術を開発

  2009/06/18 16:00

NECは18日、数メートル以下の近距離無線通信において、従来比約10倍の速度、電力性能を実現する無線LSIを試作し、基本動作を実証したことを発表した。実現の背景には、周波数分割多重(FDM)信号を時分割復調処理する独自技術と、搬送波やノイズなどの成分を電力に利用する技術がある。NECでは、この技術を応用すれば、ボタン電池の電力で動画伝送ができるとのことだ。

 NECは18日、数メートル以下の近距離無線通信において、低消費電力かつ高速伝送が可能なLSI技術を開発したことを発表した。新しい技術では、従来比で約10倍の速度・電力性能を実現したという。試作LSIでは、消費電力3mW、伝送データレートで27Mbpsの送受信の実証を行った。この性能は動画伝送が十分可能なものだ。

 この新しい伝送技術は、独自の方法で時分割復調する周波数分割多重(FDM)の方式を新規に開発したことで実現した。また、受信したデータやノイズから電力を回収する技術も開発され、応用されている。これは、信号の時分割復調処理に連動させ、復調の対象でないデータやノイズなどを電力に変換する処理を追加し、受信器の消費電力のおよそ1割を賄うことができたという。今後はさらに改良を行い、2~3年後には3割程度の供給まで性能を向上させたたいとしている。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5