EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

マクニカネットワークス、仮想化環境のトラフィックを可視化するvTAPソリューションを提供開始

  2016/10/25 14:00

 マクニカネットワークスは、米Gigamon社製のVMware NSX環境でのトラフィックを可視化するvTAP(仮想TAP)ソリューション「GigaVUE-VM on VMware NSX」を10月25日から提供すると発表した。アプライアンスおよびソフトウェアでの提供となる。

 サーバ仮想化において、代表的な運用上の課題は、物理サーバ内部の仮想マシンから仮想マシンへのサイバー攻撃対策とトラブルシュートの2つがあげられるという。これらの課題解決に有効な手段として、仮想マシン間の「トラフィックの可視化」がある。

 マクニカネットワークスでは、トラフィックの可視化を実現するソリューションとして、仮想化環境の仮想マシン間のトラフィックをミラーリングするvTAP(仮想TAP)ソリューション「GigaVUE-VM」を提供してきた。

 一方で、サーバ仮想化より大規模なデータセンター全体の仮想化を目指し、NSX環境への移行を検討するケースも増えてきているが、データセンター全体の仮想化においても、サーバ仮想化と同様に、セキュリティや品質保証とトラブルシュートが運用上の課題になる。

 今回、提供開始する「GigaVUE-VM on VMware NSX」は、VMware NSX環境上での動作、NSX Managerと連携した動作に対応する。従来の「GigaVUE-VM」は、仮想化されたサーバ内部のトラフィックをミラーリングし、従来の物理環境の監視デバイスによる監視を可能にした。

 このたびのNSX対応により、NSX Managerと連携した、より大規模な仮想化環境のトラフィックの可視化が可能になる。これにより、データセンター全体の仮想化を検討する場合に直面する運用上の課題に対して、迅速かつ容易な解決を実現することができるとしている。

 「GigaVUE-VM」は、今回、VMware NSXのサポートを行い、昨年にはOpenStack/KVMへの対応が完了している。今後は、AWSを始めとしたパブリッククラウドへの対応も予定しているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5