Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本IBM、AIなど最新技術を活用した業界ごとのデジタル変革戦略「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」を策定

  2018/08/22 14:45

 日本IBMは、AIなどの最新技術を活用した業界ごとのデジタル変革戦略として「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」を策定したことを発表した。「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」は、銀行、製造、保険、石油・化学、小売、運輸、公共、電力・ガス、通信、ヘルスケアの10の業界を対象として順次公開し、今後対象となる業界を拡充していく予定だという。

 IBMが2月に発表した「グローバル経営層スタディ 守成からの反攻」では、全世界12,500名を超えるCxO(最高責任者)レベルの経営層にインタビューを実施し、それらを分析して得られた洞察がまとめられた。この調査では、経営層の72%が「業界内の革新的な既存企業が業界内の創造的破壊を主導している」とレポートされている。

 デジタル・テクノロジーの進展により、従来の業種、業態の枠を「破壊」し、テクノロジーを戦略的に活用していかにビジネスモデルを変革できるかが、これからの企業経営において重要な課題となっている。さらに、ビジネスモデル変革を考える上で、従来のフィジカルな顧客接点と、デジタルな顧客接点の双方を最適化していくことが不可欠だという。

 「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」は、企業が自社だけでなく外部との連携による新たなデジタル・ビジネスを実現する「デジタル変革」へと進化するためのロードマップを提示し、企業全体の次世代IT戦略を業界ごとにまとめている。日本IBMでは、「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」に基づき、AIをはじめとした最先端のテクノロジーに対するスキルを生かし、企業の継続的な成長をITの観点で支援するとしている。

 例えば、「デジタル時代の次世代アーキテクチャー 銀行編」では、営業店網を中心としたフィジカルな顧客接点とビジネスプロセスを、どのようにデジタルで「再構築」していくかをまとめ、チャネル高度化、個客志向サービス、業務最適化、エコシステム連携の4つの変革が求められるとしている。

 これらの変革を実現するため、APIやマイクロサービスの活用、データサービス基盤の整備、複数のAIを管理してデータを効率よく共有できるAI連携基盤の整備といったIT活用を提示し、ビジネスモデル変革を提案している。

「デジタル時代の次世代アーキテクチャー」における全体アーキテクチャー

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5