Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CTC、AI活用支援プログラム「AI Business Academy」と「AI活用ナビゲーション」を開始

2018/11/16 14:00

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善の円滑なスタートを支援するAI活用支援プログラムを開始すると発表した。このプログラムは、「AI Business Academy」と「AI活用ナビゲーション」の2つのメニューで構成されている。

 CTCでは、AI活用のスムーズな開始を支援するため、企業が自ら課題やアイデアを出してビジネス創出や業務にAIを適用していくことを促す参加型の1日研修コース「AI Business Academy」と、既に課題がある企業に対して改善策や代替案を提示する1か月間のコンサルティングサービス「AI活用ナビゲーション」の2つのメニューの提供を開始する。

「AI Business Academy」

 AIを活用した新規ビジネス創出や業務改善を、企業主導で実現するもの。講座とワークショップを組み合わせた最大30名の集合型研修を1日コースで開催する。

 講座形式で、AIを取り巻く市場の動向、AI概論、導入事例、AI導入時のよくある失敗例などについて学んだのち、ワークショップ形式で、自社の課題の洗い出しから実際にビジネスや業務改善の企画・発表までを行う。業務をよく知る社員自らが自社のビジネスを題材に実践的な検討方法を体験することで、研修終了後も新規サービスの開発や業務改善の発案を継続することが可能になるという。

「AI活用ナビゲーション」

 課題の整理やAI活用方針の策定などを支援するコンサルティングサービス。実施期間は1か月間で、合計5回のミーティングを通じて提供する。AI関連の技術に精通し業務への適用経験が豊富なエキスパートが、AI活用における課題を短期に解決するとしている。

 既にAI適用の具体的なテーマがあるケースでは、対象データの現状分析と改善方法に関するディスカッションを行い、改善ポイントの提示や代替策の推奨などを行う。AI活用のテーマ設定から検討するケースでは、課題の明確化によるテーマの抽出から、適した技術・製品に関する情報提供、実際に活用するデータの確認、活用方針の策定までを行う。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5