Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

リンク、ベアメタルクラウドで「MariaDB」の構築・監視・障害復旧などに対応する「MDB」サービスを提供開始

  2019/10/07 15:30

 リンクは、物理サーバがクラウドのように使える「リンク ベアメタルクラウド」において、オープンソースのデータベース「MariaDB」をユーザに代わって運用するオプションサービス「MDB」を10月7日から提供開始すると発表した。

 「MariaDB」は、CentOSの最新バージョンに採用されるなど、今後主流になることが見込まれるデータベースだという。

 従来、「MariaDB」の運用にあたっては、GUI(グラフィカルユーザインタフェース)のインストール・サーバ構築・監視・障害時の復旧作業などをユーザがすべて対応する必要があった。今回サービスを開始する「MDB」では、こうした運用全般をリンクが対応するため、ユーザはデータベースの管理にかかる負担を大幅に軽減することが可能になるという。

 また、本オプションでは、パブリックVMに「MariaDB」を構築する「シングル構成」と、パブリックVM・物理サーバのいずれかから選択して構築できる「マルチマスタ構成」を提供している。

 シングル構成では、HA機能(ハードウェアに障害が発生した際、自動で別のハードウェアに切り替える仕組み)によるスムーズな復旧が可能。

 一方、「MariaDB Galera Cluster」を採用するマルチマスタ構成では、3台のマスタデータベース間で常に同期ができるため、一層の冗長化を実現。障害から復旧するスピードが速く、データの保全性にも優れている点から、Webサービスの会員情報・購入履歴などの管理にも適しているという。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5