Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

最新の仮想化技術とともにシステムの災害対策なども紹介 日立情報システムズ、事業継続と仮想化をテーマにしたセミナーを9月16日に開催

  2011/09/01 00:00

日立情報システムズは、「事業継続にも役立つ!最新仮想化技術とソリューション」をテーマにした「今注目!!の最新仮想化セミナー」を、9月16日に東京・品川の日立ハーモニアス・コンピテンス・センターで開催する。

このセミナーでは、「事業継続にも役立つ!最新仮想化技術とソリューション」をテーマに、VMwareの最新動向や仮想プラットフォームにおける運用最適化、シンクライアントの活用など、仮想化ソリューションをデモンストレーションと事例をまじえて紹介するという。

セミナーでは、「VMware vSphere5と有事における仮想化有効活用について」や「仮想プラットフォームにおける運用最適化と業務継続性の検討」と題されたセッションなどが予定されている。仮想化・クラウド導入を検討し、同時に災害対策や早期リカバリに興味をもっているユーザーが主な対象になるという。

・「今注目!!の最新仮想化セミナー」の概要
日時:2011年09月16日(金曜日) 14時00分~17時00分(受付:13時30分~)
会場:日立ハーモニアス・コンピテンス・センター(品川イーストワンタワー13階)
参加費 無料(事前登録制)
定員:50名
主催:日立情報システムズ、日立電子サービス
協力:ヴイエムウェア、日本ヒューレット・パッカード

■セミナーの詳細と登録
http://www.vsolution.jp/vmware/seminar/cloud_latest/?banner_id=vm0916epz

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5