Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

カスペルスキー、法人向けモバイルセキュリティ製品「Security for Mobile」を提供開始

  2014/12/18 12:30

 カスペルスキーは、スマートフォンやタブレットなど、モバイル端末向けの法人用セキュリティ製品「Kaspersky Security for Mobile」を12月18日から販売すると発表した。

 「Kaspersky Security for Mobile」では、多層防御の仕組みにより、Android端末をマルウェアの感染から防ぐだけでなく、フィッシングやそのほか危険サイトの脅威にさらされているiOS端末も保護するという。

 運用管理を容易にするため、システム管理者によるセキュリティプログラムの設定配信やイベント管理、紛失・盗難時に対応するためのリモートロック、リモートワイプ機能などを搭載し、企業におけるモバイル端末のセキュリティ対策を実現するとしている。

 「Kaspersky Security for Mobile」の主な機能と特徴は次のとおり。

 ・マルウェア対策(Android):ファイルや新しいアプリをスキャンし、リアルタイムで端末をマルウェアの感染から防護。従来のウイルス定義データベースによる保護のほか、ヒューリスティック技術やクラウドサービスによる複数の仕組みを利用。

 ・危険なWebサイトのブロック(Android/iOS):危険なウェブサイトへのアクセスをブロック。また、アダルトやギャンブルなど、管理者が予め指定したコンテンツを含むサイトに従業員がアクセスできないよう設定することが可能。

 ・紛失・盗難対策(Android):端末の紛失・盗難時には、リモート操作による端末のロックや、GPS追跡機能で端末の位置を特定可能。また、リモートから全てまたは選択したデータのリモートワイプのほか、SIMが差し替えられた場合は、新しい電話番号を管理者に通知するなどのSIM監視機能も装備。

 ・コンテナーによるアプリの動作制御(Android):アプリをコンテナー内に配置することにより、起動時のユーザー認証設定やアプリのデータを暗号化可能。また、ほかのアプリへのデータ転送の制御、アプリのインターネットへのアクセス制限が可能。

 ・Root化(Android)/ジェイルブレイク(iOS)の検知:端末のRoot化/ジェイルブレイクが行われた場合、それを検知して管理者に通知し、素早く適切な対応が可能。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5