Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ラック、インターポールがシンガポールに開設したデジタル犯罪センターを技術と人材で支援

2015/04/27 15:10

 ラックは、国際刑事警察機構(インターポール)がシンガポールに開設し、この4月に本格稼働を開始した新組織、The INTERPOL Global Complex for Innovation(IGCI)に、独自技術を搭載した自社開発のサイバー攻撃相関分析エンジン「LAC Falcon」を提供するとともに、日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」で12年間のサイバー攻撃対策運用経験を持つ、前JSOCセンター長を派遣した。

 インターポールは、犯罪者の特定、革新的訓練、捜査支援及び官民連携のための、最先端の研究・開発施設として、IGCIをシンガポールに設立。ラックは、NECのサイバーセキュリティソリューションの支援メンバーとして、インターポールとNECのサイバーセキュリティ対策での提携に参画している。

 ラックは、IGCIの重要な活動を支援するため、次の2つの取り組みを実施している。

 1. サイバー攻撃監視システム「LAC Falcon」を提供し、情報分析を支援

 ラックが運営する日本最大級のセキュリティ監視センター「JSOC」は、自社の契約企業に対して行われる1日8億件にもおよぶサイバー攻撃のセキュリティイベントを分析。この膨大なセキュリティイベントから半自動的にサイバー攻撃の痕跡を抽出し、効果的に調査・分析を行う、相関分析エンジンとして「LAC Falcon」が開発された。

 IGCIの中に設置された、「The INTERPOL Digital Crime Centre」におけるセキュリティシステムのログの相関分析処理を支援する目的で、「LAC Falcon」を提供する。

 2. ラックのトップエンジニアを、IGCIに派遣

 IGCIによるサイバー犯罪に対する取り組みは、常に最先端技術のせめぎ合いになるため、ラックは前JSOCセンター長として監視事業を率いていたトップエンジニアを、IGCIに派遣。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5