Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

積水化学グループが海外15拠点にERP製品「Microsoft Dynamics AX」を一斉導入

  2015/06/24 14:30

 シーイーシーと日本マイクロソフトは、大手化学メーカー積水化学工業の海外15拠点でマイクロソフトのERP製品「Microsoft Dynamics AX 2012」の一斉導入を完了し、本稼働が開始されたことを発表した。導入構築は、シーイーシーと、そのグループ会社である希意禧(上海)信息系統有限公司(シーイーシー上海)が共同で行った。

 積水化学グループは、住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチックスの3カンパニー制を敷き、数多くの拠点とグループ会社を持ち、グローバルに事業展開している。

 国内では、グループウェアやERPを自社開発し、情報共有を進めてきた同社は、海外では通貨や税制対応のためにERPパッケージを利用し、拠点ごとにさまざまな異なる製品を使用していた。

 そこで同社は、海外連結会社の決算情報などをいち早く収集、共有させるため、海外支社の標準ERPとして、「Microsoft Dynamics AX 2012」を採択。アップグレード プロジェクトは、中国、台湾、シンガポール、タイ、インドネシアの15社を対象に、1年間という短期間で実施された。

 積水化学グループへの「Microsoft Dynamics AX」導入による効果として次の点があげられている。

  • 販社用と生産拠点用のデータベースを統合したことによって、1システムからすべてのデータの可視化ができた
  • 製品やバージョンを統一することで、人材やノウハウを共有が可能になった
  • 新規の拠点の立ち上げの場合でも、最短1か月でERPシステムを構築できるようになった

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5