EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Transact-SQLをコーディングする

edited by DB Online   2016/07/04 06:00

 第 2 回目の記事では、 データベースを学び始めた方々に SQL Server のリレーショナル・データベース ( 以降 SQL Server ) の構造や基本的な利用方法についてご紹介しました。 SQL Server にデータを格納し、参照、更新、削除をするには、 Transact-SQL という言語を用いてクエリやストアドプロシージャをコーディングする必要があります。今回は、これから Transact-SQL をコーディングする方を対象として、コーディングツールの使用方法やコーディング上のポイントをご紹介します。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 清水(シミズ)

     日本マイクロソフト株式会社  データプラットフォーム&クラウド技術部 SQL Server 2000のリリース直前にマイクロソフトに入社。以来、SQL Serverのコンサルタントとして多くのプロジェクトを担当。2015年に現在の部署に移動し、データプラットフォームのアーキテクトとして活動中。 技術営業を担当しているチームのブログ https://blogs.msdn.microsoft.com/dataplatjp/ にも投稿していますので、こちらも是非フォロー下さい。

バックナンバー

連載:SQL Server入門
All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5