Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

忘れずに!アップグレード後の作業

edited by DB Online   2011/05/30 07:00

第5回目である前回は、最新バージョンであるOracle Database 11g Release 2へのアップグレードについて解説しました。第6回目となる今回は、Oracle Database 11g Release 2へのアップグレード後に行う作業について解説します。
 

アップグレード後に自分でやる作業

さて、前回はDatabase Upgrade Assistantを使ってデータベースのアップグレード作業を行いました。このGUIツールは初期化パラメータの調整やオブジェクトの再コンパイルなど、かなりの作業を自動で行ってくれます。しかし、以下の作業については、アップグレード後に自分で行わなくてはなりません。

  • 初期化パラメータの確認
  • タイムゾーンの調整
  • システム統計情報の収集
  • 固定表統計情報の収集
  • COMPATIBLEパラメータの設定

今回は上記の作業について解説します。

初期化パラメータの確認

まずは初期化パラメータを確認しましょう。前回のDatabase Upgrade Assistantを使用したアップグレード作業では、以下のような初期化パラメータの自動変更に関する情報が表示されました。

データベースのアップグレード・サマリー(初期化パラメータの変更)

上記の変更がデータベースに反映されているか確認してみましょう。初期化パラメータの設定値を確認するには、以下のSQL文を実行します。

SQL> CONNECT / AS SYSDBA
接続されました。
SQL> COLUMN NAME FORMAT a20
SQL> COLUMN VALUE FORMAT a44
SQL> COLUMN SPFILE_VALUE FORMAT a14
SQL>
SQL> SELECT P.NAME NAME, P.VALUE VALUE, SP.VALUE SPFILE_VALUE
  2  FROM V$PARAMETER P, V$SPPARAMETER SP
  3  WHERE P.NAME = SP.NAME
  4  AND P.NAME IN ('java_pool_size', 'diagnostic_dest',
  5  'background_dump_dest', 'user_dump_dest', 'core_dump_dest');

NAME                 VALUE                                        SPFILE_VALUE
-------------------- -------------------------------------------- --------------
java_pool_size       134217728                                    134217728
background_dump_dest d:\app\oracle\diag\rdbms\utf102\utf102\trace
user_dump_dest       d:\app\oracle\diag\rdbms\utf102\utf102\trace
core_dump_dest       d:\app\oracle\diag\rdbms\utf102\utf102\cdump
diagnostic_dest      D:\APP\ORACLE                                D:\app\oracle

 初期化パラメータの変更が自動的に行われていることがわかります。


著者プロフィール

  • 白砂 丈太郎(シラスナ ジョウタロウ)

    日本オラクル(株)において、データベース事業のコアテクノロジー技術およびパフォーマンス技術のリーダーを務め、製品機能の検証および大規模/最重要プロジェクトでのベンチマークや実装を担当。 現在は(株)ワン・オー・ワンにおいて、データベースとWeb技術を中心としたシステム構築およびコンサルティングに従...

バックナンバー

連載:使ってナットク!Oracle Database 11g最新機能

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5