Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

キリンビジネスシステム、キリングループの情報システム開発におけるXupperII導入事例を発表

  2008/08/07 10:00

 キリングループの情報システム開発を担当するキリンビジネスシステムは、ケン・システムコンサルティングによる純国産統合開発支援ツール「XupperII」を使用して、データ総研による開発方法論「DOA-RAD」を開発プロジェクトに導入した事例をセミナーで発表した。

グループ内唯一の情報システム会社

 2007年2月に創立100周年を迎えたキリンビールは、同年7月に純粋持株会社キリンホールディングスとして商号変更した。これに伴い、酒類事業、医薬事業、飲料事業など、様々な子会社がグループ会社となった。キリンビジネスシステムは、同グループ内の機能分担会社のひとつである。

 キリンビールやキリンビバレッジなど、キリングループ内の各社は社内に情報部門を持たないため、キリンビジネスシステムは、グループ内唯一の情報システム会社として、キリングループの情報戦略を実行する。

DOARADfor XupperⅡを共同で開発

 2008年7月14日、東京都渋谷区のアイビーホール青学会館において、ケン・システムコンサルティング(以下ケン・システム)とデータ総研によるセミナーが開催された。セミナーでは、このサービスのファーストユーザとして、キリンビジネスシステム経営企画部PMOグループ滝田毅彦氏が講演を行った。

キリンビジネスシステム 経営企画部PMOグループ 滝田毅彦
キリンビジネスシステム 経営企画部PMOグループ 滝田毅彦

 ケン・システムは、DOAのコンセプトに基づいた設計ツールであるXupperⅡ(クロスアッパーツー)と実装ツールであるMDFrame/X(エムディーフレームエックス)を開発・販売している。データ総研はDOAの老舗として、業務フローとデータモデルによって業務設計する開発方法論であるDOA-RAD(ディーオーエーラッド)およびツールを開発し、これらを利用したコンサルティングサービスを提供している。これまで両社は競合の関係にあったが、双方の顧客へのサービス拡大を目指し、新しい開発方法論DOARADfor XupperⅡ(ディーオーエーラッドフォークロスアッパーツー)を共同で開発した。

 「キリンビジネスシステムにおけるXupper導入取り組み事例」と題された講演の中で、同社の滝田氏は、ケン・システムコンサルティングによる純国産統合開発支援ツール「XupperII」を使用して、データ総研による開発方法論「DOARAD」を開発プロジェクトに導入した事例を発表した。

セミナー会場の様子
セミナー会場の様子

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5