EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

運用フェーズに入った内部統制、キーワードは効率化と省力化 内部統制における継続運用の省力化と統制レベル維持・向上を実現する現実解

  2008/09/12 19:41

金融商品取引法への対応により、多くの企業において、「業務の可視化」・「ビジ ネス継続」 という健全な企業活動のための基盤が構築されようとしている。運用フェーズへと移行する内部統制対応に今後求められるのは、効率化と省力化だ。JIECのITビジネスアーキテクトの川端卓氏は、そこでは特にモニタリングが重要であり、IT(ログ)を活用することで 効率的且つ効果的に実施することが可能だと主張した。そして省力化の現実解として、内部統制対応におけるSaaSという選択をとりあげ、その有効性を紹介する講演になった。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:IT Compliance Summit 2008 Summer セミナーレポ―ト

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5