SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバートラスト、システムバックアップ製品「MIRACLE System Savior」がWindows Server 2019に対応

 「MIRACLE System Savior」は、現在対応しているWindows Server 2016までのバージョンに加えて、Windows Server 2019のバックアップ/リカバリー検証とHyper-Vのハイパーバイザーと仮想マシンのバックアップ/リカバリー検証を完了し、最新のWindows環境のシステムをバックアップ/リカバリーできることを実証したという。

 「MSS V3」は、必要な機能に絞って幅広い環境を確実にバックアップ/リカバリーできるように、システムイメージバックアップに特化して開発したソフトウェア。サーバーを停止した状態で、Linuxベースの専用ライブCDでブートし、静的・確実にバックアップ及びリカバリーを行う。また、シンプルなCUIメニューの単純操作で、リモート管理ソフト からも確実な操作が可能だという。

 Windows Server 2019では、Azure Backupの対応強化、ハイブリッドクラウド連携機能や、セキュリティ強化など、さまざまな改良が加えられている。企業のニーズに応えたサーバーOSとして今後の利用拡大が予想されるとしている。

 また、Azure BackupとMSS V3を組み合わせて使用することで、ユーザーデータのバックアップにはAzure Backup、システム環境のバックアップには「MSS V3」と、ハイブリッドクラウドでの柔軟なデータのバックアップ/リカバリーが可能だ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/11665 2019/01/31 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング