SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

米マイクロソフト、Windows Vista SP1のリリース目標を2008年第1四半期と発表

 米マイクロソフトは8月29日(現地時間)、Windows Vista Service Pack 1(SP1)の計画について発表した。2008年第1四半期のリリースが目標で、ここ数週間のうちにβ版を10,000人以上が利用できるようにするという。

 SP1は、いくつかのコンポーネントや機能を拡張するが、新機能の追加するものではないとした上で、従来のWindowsに比べてサービスパック のリリースまでの期間が長いことについては、Windows Updateといった更新ツールで随時、改善版や最新版をユーザの手元に渡るようにしているため、と述べた。

 SP1では、Windows UpdateやWSUSなどを通して提供されているフィックスに加え、自助フォーラムで議論されたパフォーマンスの問題(ファイルコピーやシャットダウン 時間など)や、新しいハードウェアのサポート、セキュリティ開発ライフサイクルのアップデートなどが含まれる。

 サードパーティとのソフトウェアの互換性については、いくつか手段を提供するものの、あくまでもアプリケーション互換性によるリグレッションを避けることを最重要視しているため、セキュリティを危うくするような変更は行わないとしている。

 配布サイズの見積もりは、Windows UpdateやWSUSを通してダウンロードする場合は約50MB、ディスクイメージの場合は約1GB(β版段階、各国のローカライズ用データなどをすべて含む)。空きディスク容量条件はβ版の段階で約7GBで、最適化してこれを減らす努力をしているという。

プレスリリース: Microsoft’s Evolving Approach to Servicing the Windows Platform

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/119 2007/08/30 12:05

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング