Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HPE、クラウドベースのAI主導型管理ツール「HPE InfoSight」をProLiant、Apollo、Synergy向けに拡張

  2019/07/25 15:00

 ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)は、クラウドベースの人工知能(AI)管理ツールである「HPE InfoSight」を、HPE ProLiantサーバー、HPE Synergyコンピュートモジュール、およびHPE Apolloシステムへ拡張すると発表した。国内でも、7月25日からこれらサーバー製品においてHPE InfoSight機能が利用可能となる。

 「HPE InfoSight」は、世界中のネットワークに接続された導入済み製品の何百万もの センサーから集めた実稼働データを分析し、その行動データを使用して問題を予測、 防止する、よりインテリジェントで管理しやすいインフラを実現するという。

 インフラから運用知識を収集し、傾向の洞察、予測、レコメンデーションを提供し、より高い効率性と信頼性を実現するとしている。

 「HPE InfoSight」は、HPEストレージですでに提供されているが、今回、機能をサーバーへ拡張することで、インフラ全体の膨大な遠隔データを監視、収集し、HPEサーバーの利用者にもAI主導型運用による効果を提供し、スマートな自律型インフラ運用を支援するという。

HPE InfoSightの基本機能

 ・サーバーシステムの状態の可視化

 ウェルネスモニタリングダッシュボードを活用することで、システム情報、標準保証やサポート契約といった、サーバーシステムのヘルス状態やステータスを一元監視できる。

 HPE InfoSightは、AI機能とActive Health System(AHS)によるヘルスモニタリング機能およびサーバー管理の中核を成す「HPE Integrated Lights-Out(iLO)」のテクノロジーを組み合わせ、プロアクティブなヘルスモニタリングとサーバー管理を行う。

 ・予測分析

 HPE InfoSightは、接続されるサーバーに対する予測分析を行うことにより、特定の障害に関する高度な洞察を提供。IT管理者は、問題が発生する前に必要な保守依頼ができるため、ダウンタイムを削減することができる。さらに、予測分析機能により不正ログインなどサーバーのセキュリティ上の問題に対処し、甚大な損害をもたらすサイバー攻撃からサーバーを保護する。

 ・レコメンデーションエンジン

 HPE InfoSightは、予測分析からの洞察を活用し、異常の兆候やパターンに基づくレコメンデーションをIT担当者に提供し、サーバーのパフォーマンスのボトルネックを解消。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5