SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

HPE、インテリジェンス時代のミッションクリティカルストレージの新プラットフォーム「HPE Primera」を発表

 HPE Primeraラインアップとして、HPE Primera 600シリーズを8月8日から販売開始する。HPE Primera 600シリーズは、以下の3モデルから構成される。

  • HPE Primera 630
  • HPE Primera 650
  • HPE Primera 670

ミッションクリティカルストレージにおいてシンプルで使いやすい機能を実現

 ・シンプルなインストール:HPE Primeraは、ユーザー自身で20分以内にインストール可能。

 ・シンプルな管理:ストレージのプロビジョニングが数秒で完了。組み込まれているデータ容量削減機能 は常時オンに設定され、必要に応じてオフに切り換えることができる。

 ・シンプルなアップグレード:HPE Primeraソフトウェアは、データサービスの展開、アップグレード、および再起動を独立して行えるよう、サービスとOSとが切り離されたサービス指向のOS上に構築されているため、ストレージの運用を中断することなく5分以内にアップグレードが可能。

 ・シンプルな所有:HPE Primeraをフルマネージドのサービスとして展開し、HPE GreenLakeを通じて使用した分のみ費用を負担する形態も選択可能。設備投資の面からは、Timeless Storage for HPE Primeraによる所有形態の変更を通じて大規模機器入れ替えが不要に。

100%の可用性保証のミッションクリティカルストレージへ

 ・100%の可用性保証:HPE Primeraでは、100%のデータ可用性保証を提供。

 ・ストレージレイヤーを超えた監視:トラブルの90%以上はストレージレイヤーよりも上、すなわちネットワーク、サーバ、および仮想化レイヤーで発生する。HPE Primeraは、HPE InfoSightを通じてストレージレイヤーを超えた監視を行い、ネットワーキング、アプリケーション、およびサーバレイヤーでの問題発生を予測、防止する。

 ・ミッションクリティカルな信頼性の組み込み:HPE Primeraは、マルチノード設計により高度な可用性を提供するよう作られている。また、HPE Peer Persistenceとデータレプリケーションにより事業の継続をバックグラウンドで支える。

予測できないアプリケーションワークロードでパフォーマンスを実現

 ・要求の厳しいアプリケーションを統合する優れたパフォーマンス

 膨大な並列処理とマルチノードのパフォーマンスを実現するオールアクティブなアーキテクチャを持ち、Oracleのパフォーマンスを122%向上させるなど、アプリケーションの高速化を実現。

 ・安全な統合を可能にする可視性

 HPE InfoSightを搭載したHPE Primeraは、アプリケーションパフォーマンス特性やHPE Primeraシステム上の他の共有アプリケーションとのやり取りを考慮しながら、アプリケーションワークロードの配置を最適化するための可視性を提供。

 ・予測可能なパフォーマンスを維持するためのリアルタイム分析

 HPE InfoSightの連携機能がさらに強化され、HPE Primera上では、クラウド環境でトレーニングされたAIモデルがリアルタイム分析のためにアレイ自身に組み込まれ、アプリケーションワークロードのパフォーマンスを一定に保つ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12311 2019/07/30 16:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング