SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Amazon Web Services、量子コンピューティング技術の将来に向けた新たな取り組みを発表

 米Amazon Web Services(AWS)は、12月2日(現地時間)に開催された年次カンファレンス「AWS re:Invent 2019」において、「Amazon Braket」の提供、「AWS量子コンピューティングセンター」および「Amazon Quantum Solutions Lab」の開設を発表した。

 「Amazon Braket」は、科学者や研究者、開発者向けのフルマネージド量子コンピューティングサービス。D-Wave、IonQ、Rigettiをはじめとする量子ハードウェアプロバイダのコンピュータを使用した、単一の環境での実験が可能で、現時点ではプレビュー版の公開となる。

 「Amazon Braket」では、量子アルゴリズムの構築、量子コンピュータシミュレーションによるアルゴリズムテスト、各種量子ハードウェアアーキテクチャの比較試験のための共通の開発環境を提供しており、Jupyterノートブックなど使い慣れたツールとAWS環境によって、ただちに量子コンピューティングを取り入れられる。

 現段階では、D-Waveの量子アニーリング、IonQのイオントラップ装置、Rigettiの超電導チップに対応しており、今後は他のテクノロジーへの対応も予定している。

 「AWS量子コンピューティングセンター」は、量子計算・量子情報分野のパイオニアであるカリフォルニア工科大学に設立され、Amazonだけでなく量子コンピューティング分野の大手学術機関から研究者やエンジニアを集めて、強力な量子コンピューティングハードウェアの開発や、新たな量子テクノロジーの使用方法の発見を目指す。

 同時に、ユーザーがAmazonの量子コンピューティングの専門家やコンサルティングパートナーなどから、組織内で量子コンピューティングを適用できるアプリケーションや、その適用方法を特定するための支援を行う。テクノロジーが商用化可能なレベルに達した段階で、AWSやAWSパートナーがユーザー側での試験運用に協力し、ビジネスに取り入れられるようガイドする。

 「Amazon Quantum Solutions Lab」では、「Amazon Braket」へのアクセスを提供するほか、最適化、量子シミュレーション、計算物質科学、量子科学のためのソフトウェアツールを統合することで、既存の高性能コンピューティングがユーザーのニーズを満たすために、どこで適用できるかを判断し、ユーザー独自の量子コンピューティング戦略の策定準備、社内専門チームの結成、および最終的な量子テクノロジーの展開を支援していく。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12645 2019/12/07 22:26

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング