Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Amazon Web Services、量子コンピューティング技術の将来に向けた新たな取り組みを発表

  2019/12/06 19:00

 米Amazon Web Services(AWS)は、12月2日(現地時間)に開催された年次カンファレンス「AWS re:Invent 2019」において、「Amazon Braket」の提供、「AWS量子コンピューティングセンター」および「Amazon Quantum Solutions Lab」の開設を発表した。

 「Amazon Braket」は、科学者や研究者、開発者向けのフルマネージド量子コンピューティングサービス。D-Wave、IonQ、Rigettiをはじめとする量子ハードウェアプロバイダのコンピュータを使用した、単一の環境での実験が可能で、現時点ではプレビュー版の公開となる。

 「Amazon Braket」では、量子アルゴリズムの構築、量子コンピュータシミュレーションによるアルゴリズムテスト、各種量子ハードウェアアーキテクチャの比較試験のための共通の開発環境を提供しており、Jupyterノートブックなど使い慣れたツールとAWS環境によって、ただちに量子コンピューティングを取り入れられる。

 現段階では、D-Waveの量子アニーリング、IonQのイオントラップ装置、Rigettiの超電導チップに対応しており、今後は他のテクノロジーへの対応も予定している。

 「AWS量子コンピューティングセンター」は、量子計算・量子情報分野のパイオニアであるカリフォルニア工科大学に設立され、Amazonだけでなく量子コンピューティング分野の大手学術機関から研究者やエンジニアを集めて、強力な量子コンピューティングハードウェアの開発や、新たな量子テクノロジーの使用方法の発見を目指す。

 同時に、ユーザーがAmazonの量子コンピューティングの専門家やコンサルティングパートナーなどから、組織内で量子コンピューティングを適用できるアプリケーションや、その適用方法を特定するための支援を行う。テクノロジーが商用化可能なレベルに達した段階で、AWSやAWSパートナーがユーザー側での試験運用に協力し、ビジネスに取り入れられるようガイドする。

 「Amazon Quantum Solutions Lab」では、「Amazon Braket」へのアクセスを提供するほか、最適化、量子シミュレーション、計算物質科学、量子科学のためのソフトウェアツールを統合することで、既存の高性能コンピューティングがユーザーのニーズを満たすために、どこで適用できるかを判断し、ユーザー独自の量子コンピューティング戦略の策定準備、社内専門チームの結成、および最終的な量子テクノロジーの展開を支援していく。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5