EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NEC、AIシステムの品質確保が目的の「NEC AI品質ガイドライン」策定、2020年4月以降に適用

  2019/12/10 15:50

 日本電気(NEC)は、AIを活用したシステムの品質を確保するための「NEC AI品質ガイドライン」を策定したことを、12月10日に発表した。同ガイドラインは、NECグループ会社5300名が情報交換・共有を行う「NEC Data Analyst Community」にて共有され、2020年4月以降のAI案件に適用していく。

 「NEC AI品質ガイドライン」は、NECがこれまで手がけたAI案件で適用してきたルールをまとめ、社内で実プロジェクトでの実証をもとに策定したもので、従来型のソフトウェア品質保証だけでは対応できない、AIシステムの品質を担保することを目的としている。

 同ガイドラインでは、AIを用いた開発で重要な、システムの企画(PoC)、データの収集/加工、モデルの作成/評価/テスト、システムの運用という4つのフェーズに対して具体的な基準を策定しており、各フェーズ間を移行する際にガイドラインに従ってチェックすることで、次フェーズで発生する可能性のあるリスクを早期に防げる。

 ほかにも、同社がこれまでに行ってきた、数多くのAIシステム開発の経験をもとに、機械学習のモデル作成用データの量や外れ値・欠損値など、いくつかの項目に定量的な基準を定めることによって、基準を明確化し、第三者による判断を可能にしている。

関連リンク

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5