SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ストレージとデスクトップを仮想化連携させる「Rapid Cloning Utility 2.0」――ネットアップ

 4月30日、ネットアップはデスクトップ仮想化の導入支援のためのツール「Rapid Cloning Utility 2.0」の提供開始を発表した。仮想化デスクトップ環境を構築する場合、クライアント数が大量になるほど、その数の分だけOSやユーザーのアカウント領域を用意する必要があり、多数のOSのブートイメージを管理、提供するために大規模ストレージとの連携が不可欠になってくる。

 「Rapid Cloning Utility」は、VMwareの「VMware View」上で動作するOS、アプリ、データのコピーをネットアップのストレージ製品と連携させ、管理を自動化するツールだ。同、仮想化を管理する「VMware vCenter」のプラグインとして提供される。各種設定や管理はGUI化されており、複雑なスクリプトなどを自力で作成する必要はないという。

 仮想化された各クライアントのイメージは、ネットアップの「FlexClone」の技術と連携されるため、より少ないストレージ容量でイメージコピーを管理することができ、コピー作成のオーバーヘッドも最適化されるとのことだ。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/1420 2009/05/07 12:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング