SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

バックアップを取った組織でも半数近くが身代金支払い ソフォスがランサムウェアの年次報告書を発表

 ソフォスは5月17日、世界各国の組織が受けているランサムウェア攻撃の現状について調査結果をまとめた年次報告書「ランサムウェアの現状2022年版」を発表した。

 同報告書は、欧州、北米、南米、アジア太平洋および中央アジア、中東、アフリカの31ヵ国にある5,600の中規模組織に対するランサムウェアの影響をまとめたもの。

 調査対象のうち、2021年にランサムウェア攻撃の被害に遭った組織は前年2020年の37%から66%に増加した。なおデータが暗号化された組織が身代金として支払った額の平均は、81万2,360ドルにものぼり、前年の5倍近くに達する。

 さらに、100万ドル以上の身代金を支払った組織の割合も3倍に増加した。それだけでなく、バックアップなどのデータ復旧手段を有していたにもかからず、データが暗号化された組織の46%が身代金を支払ったという。

 ソフォスのChester Wisniewski氏は、攻撃者はデータの暗号化の他にバックドアの設置やパスワードのコピーなども実行している恐れがあることから、復旧したデータを徹底的に調査するべきとのこと。また悪意のあるコードを完全に除去しない限り、悪意のあるコードがネットワークに残留し、再び攻撃を受ける恐れがあるため、同氏は注意を促している。

【関連記事】
ソフォス、日本語版「Sophos MTR」を提供へ 東京データセンターを活用
新たなランサムウェア「Memento」を発見――ソフォス
ソフォス、ランサムウェア攻撃者の身代金要求手段の上位10通りを公開

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16000 2022/05/18 16:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング