EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AWS上でデータ収集機能とビジネスインテリジェンスソフトへの連携を実現 サイオス、ビッグデータの収集・加工サービス「Data Collector」と「Data Mart」を発表

  2014/07/29 16:00

 サイオステクノロジーは、ビッグデータの収集サービス「SIOS Data Collector(SDC)」と、分析レポート出力のために必要な中間テーブルの加工サービス「SIOS Data Mart(SDM)」の販売を8月1日から開始すると発表した。

 「SDC」と「SDM」は、米Treasure Dataのビッグデータ・クラウドサービス「Treasure Data Service」を合わせて利用することにより、ビッグデータ活用における、導入検討から設計開発、システム構築の専門的知識の必要性、導入後の運用などの課題を解決するという。

 「SDC」は、「Treasure Agent」「Bulk-import」をアマゾンウェブサービス(AWS)上でデータ収集機能として提供し、「Treasure Data Service」へのスムーズなデータ収集管理を行うサービス。

 「SDM」は、「Treasure Data Service」と、ビッグデータ分析レポートを可視化する「Tableau」等のビジネスインテリジェンスソフトウェアとのスムーズな連携を、AWS上で実現するサービスだという。

 「Treasure Data Service」を利用してデータを分析する場合、アプリケーションのログデータやセンサーデータ等の大量の生データを、継続的に「Treasure Data Service」上に蓄積する。そして、分析レポートに必要なデータだけを中間テーブルに加工・出力し、分析サイクルに合わせて更新するデータマートを構築するという。

 サイオスは、この2サービスにより、大量の生データの収集・蓄積・管理から、必要なデータを集約するデータマート、データの可視化と分析レポート出力のためのビジネスインテリジェンスソフトウェアまで、ワンストップで提供することが可能になるとしている。

【関連リンク】
ニュースリリース

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5