EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウエスタンデジタル、クラウドおよびハイパースケールDC向けに14TBのエンタープライズHDDを発表

  2017/10/04 14:30

 ウエスタンデジタルは、ホストマネージドSMR(Shingled Magnetic Recording)技術を採用した世界初の14TBエンタープライズハードドライブ「Ultrastar Hs14」を発表した。これにより、クラウドおよびハイパースケールデータセンター向けに、ビッグデータアプリケーションで必要とされる容量が提供されるという。

 「Ultrastar Hs14」ドライブは、2つの中核的な技術である第4世代のHelioSeal技術と第2世代のホストマネージドSMR技術の組み合わせに加え、エンタープライズクラスの信頼性で、業界をリードする容量と優れた稼働時消費電力(ワット/TB)を極めて低いTCOで実現している。

 市場で実証済みの成熟したこれらの技術は、クラウドやハイパースケール環境で要求される効率、品質、確かなパフォーマンスの基盤となり、シーケンシャル書き込みワークロードの多い超高密度のスケールアウトストレージシステムに最適だという。「Ultrastar Hs14」HDDはSMR技術を活用することで、高い予測可能性と信頼性のパフォーマンスを実現しつつ、容量を16%増大している。

 ■「Ultrastar Hs14」14TBエンタープライズドライブの特徴と仕様

 ・HelioSealテクノロジー:ウエスタンデジタルの第4世代のヘリウム充填ドライブテクノロジーによって、市場へ最大容量のハードドライブを迅速に投入

 ・ホストマネージドSMR技術:第2世代のホストマネージドSRM技術をエンタープライズストレージに導入することで、パフォーマンスの予測可能性や一貫性を損なうことなく、14TBの容量を提供。ホストマネージドSMRハードドライブは、シーケンシャル書き込みに特化した設計になっており、従来型の大容量エンタープライズドライブと単純には交換できない

 ・信頼性:MTBF(平均故障間隔)は、業界最高レベルの250万時間

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5