Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

HOYAデジタルソリューションズ、Microsoft Dynamics 365向けの「調達WebEDIソリューション」を提供開始

2018/11/15 15:45

 HOYAデジタルソリューションズは、Microsoft Dynamics 365向けの「調達WebEDIソリューション」を提供開始すると発表した。

 ERPへの着実なニーズを背景として、日本の企業でもMicrosoft Dynamicsの導入が伸びており、また、一昨年リリースされたクラウドAzureベースのMicrosoft Dynamics 365も急速に採用が増えているという。これらの需要に応えるため、HOYAデジタルソリューションズではMicrosoft Dynamics 365の導入事業を拡大し続けているという。

 これまでのMicrosoft Dynamics導入経験において、購買業務の効率化から調達WebEDI機能について、システム化を希望する製造業の企業が数社あった。このような製品組立て製造業からのニーズに応えるべく、Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operationsの仕入先コラボレーション機能を大幅に強化して「調達WebEDIソリューション」を開発し、このほど提供を開始することになったという。

 なおこれは、すでに提供しているMicrosoft Dynamics 365 for Finance and Operations版の「フィールドサービス・ソリューション」に引き続いてのソリューション提供となるという。

 Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations導入の伸展に合わせて、Dynamics 365でシステム統合が行える業務範囲の拡大が望まれてくることを見通し、今後も基幹業務の周辺業務ソリューションを拡充強化していく計画だとしている。

「調達WebEDIソリューション」の業務機能概要

 調達WebEDIとしての購買関連業務について次の一連の業務機能を提供。

 ・購買見積管理:購買側から仕入先への見積依頼の登録、仕入先での見積依頼内容の確認・見積回答の登録、購買側での見積回答の確認を行う。

 ・発注管理:購買側から発注書の登録、仕入先での発注書の確認・発注書の変更登録、購買側での発注書変更の確認を行う。

 ・検収明細管理:購買側から検収明細の登録、仕入先での検収明細の確認を行う。

 ・仕入先請求管理:仕入先からの仮請求書の登録、購買側での仮請求書の確認・本請求書の確認を行う。

 ・仕入先情報管理:仕入先からの住所、担当者などの仕入先会社情報の変更登録、購買側での仕入先会社情報変更の確認を行う。

 ・情報連絡管理:購買側から、仕入先から、いずれからの連絡情報の登録、相手側での連絡情報内容の確認を行う。

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5