Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ニコンが「Oracle Database 11g」のデータ圧縮技術で原価計算システムを刷新

2009/12/16 18:44

日本オラクルは、株式会社ニコンが、オラクルのデータベース製品「Oracle Database 11g」、「Oracle Advanced Compression」「Oracle Partitioning」を採用、原価計算システムを刷新したことを発表した。
 

ニコンではこれまで、ホスト・コンピューター上で稼動する原価計算システムの運用を継続してきた。しかし、同社では、複雑化したシステムの整備と業務効率の向上を目指し、2007年頃から再構築に取り組み、基幹システムの1つである原価計算システムの刷新に着手したという。

日本オラクルによれば、原価計算システムは、ニコンの全事業に関連する大量のデータを元に一定時間で結果を算出する必要があるため、新システムの中核に「Oracle Partitioning」と「Oracle Advanced Compression」を活用し、データベースの処理性能を向上。特にデータ圧縮を得意とする「Oracle Advanced Compression」の採用によって、データ容量を1/4に削減したこととディスクI/Oを削減した。

新システムでは、富士通製SPARC Enterprise M4000、ストレージとしてETERNUS4000モデル500、そしてデータベース管理ソフトとして「Oracle Database 11g」の組み合わせを採用し、2009年4月に本格稼動を開始した。

【関連リンク】
・「Oracle Advanced Compression」製品概要
  http://www.oracle.com/lang/jp/database/advanced-compression.html

・Oracleデータベース移行詳細
  http://primeserver.fujitsu.com/sparcenterprise/news/article/09/0902/?from=b

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5