Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本オラクル、中堅企業向けERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」に在庫割り当ての新機能「フルフィルメント管理」を提供開始

2010/10/07 12:51

日本オラクル株式会社は、オラクルの中堅企業向けERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」の新機能として自動在庫割当を行う「JD Edwards EnterpriseOne フルフィルメント管理」を本日より提供開始することを発表した。

「JD Edwards EnterpriseOne」は、中堅企業に最適な短期導入が可能なERP製品ファミリー。必要なモジュール単位で導入しビジネスの進化に合わせてシステム拡張ができ、またプログラミングを必要とせずにカスタマイズや変更ができるため、初期投資が抑えられ最小限のITリソースで保守・運用ができる。

今回提供される「JD Edwards EnterpriseOne フルフィルメント管理」は、受注製品の在庫割り当ての最適化、自動化を行う機能。企業は、顧客の発注量や契約条件に応じて在庫を優先的もしくは最適に割り当てるための定義を設定することができる。

これにより、複雑な受注と製品の在庫割り当て業務を、顧客の優先順位に従って一貫して自動的に実行することができ、業務効率化が期待できるという。

「JD Edwards EnterpriseOne フルフィルメント管理」の主な機能は下記のとおりです。
‐顧客と受注情報をベースに受注案件の優先度を設定
‐優先度に合わせて在庫を割り当て
‐受注入力の際に顧客との契約条件を突き合わせ、確認
‐顧客との契約条件に合致した受注量の一部の充填が可能
‐ユーザー定義の充填率をもとに、未充填となっている受注残量の自動キャンセル可能

2010年10月7日(木)より提供開始。参考価格は、1ユーザーあたり26万2500円(税込)

【問い合わせ】
Oracle Direct 0120-155-096

【関連URL】
中堅企業顧客導入事例
http://www.oracle.co.jp/campaign/mb_apps/showcase.html

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5