Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ヤフーがデータ分析基盤のTeradataを更改、新たに最上位機種の6690を導入

  2013/02/14 00:00

日本テラデータ株式会社は、ヤフー株式会社が、日本テラデータのデータウェアハウス(DWH)によるデータ分析基盤を最上位機種「Teradata 6690」に全面更改し、日本最大級の規模となるDWHシステムを2012年11月下旬から稼働開始したことを発表した。

 

 ヤフーでは、ポータルサイト「Yahoo! JAPAN」におけるアクセスログの分析などを行うため、2002年からTeradataを導入し、社内アナリスト用のデータ分析基盤として利用していた。その後、一般社員ユーザーが増加したことや、Yahoo! JAPANのサービスの拡大に伴ってデータ量が急増したことにより、データ容量の拡張やパフォーマンス向上が課題となったため、従来のTeradata 5500と5600の併用システムを全面更改し、より容量が大きく、パフォーマンスが高いTeradata 6690を導入することになった。更改にあたっては、大容量データの分析能力および操作性が優れている点に加え、少人数で大規模システムの運用管理が可能なことも評価され、引き続きTeradataが導入されることになったという。

 ヤフーでは、250名以上の社員が、検索やショッピング、オークションなどさまざまなサービスの利用状況の可視化や広告の効果検証、新サービス開発に向けたシミュレーションなどの目的で日常的にTeradataを活用しており、1日あたり約12万クエリーが実行されている。今回の更改により、パフォーマンスに関しては、従来のシステムに比べレスポンスタイムが2~2.5倍以上向上して作業の効率化を実現したという。またあわせて日本テラデータが提供するWebベースのデータ検索ツール「AccessNavigator Web」を導入し、Teradata上のデータを自由に組み合わせて必要な分析ができるようにしたとのこと。

 ヤフーは、3月7日に開催される日本テラデータ主催の年次カンファレンス「Teradata Universe Tokyo 2013」において、Teradata活用による分析環境の構築とユーザ育成の取り組みについてセッションをおこなう予定である。

Teradata Universe Tokyo 2013 開催概要

 ・日時 3月7日(木)10:00~17:50

 ・会場 セルリアンタワー東急ホテル(東京・渋谷)

 ・主催 日本テラデータ株式会社

 ・参加費 無料

 ・お申し込み方法 事前登録制

 ・詳細・申込み ⇒ こちら

 

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5